logo-e

関連ページ

構造模型への
アプローチframe

CAD/CAMによる
フィギュアヘッドの彫刻figure

3D CGと操船ソフトで
帆船を楽しむcg

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラス の中の帆船フィギュアヘッドの彫刻1


このページは、日経アドバンテージのWebページに掲載されたものを、 同社の了解を得て転載しております。






1975年に設立された「ザ・ロープ」という木製帆船模型同好会がある。宮島俊夫さんの会員番号は8で、帆船模型界の中では、"彫り師宮島"として知られている。

 宮島さんは30歳のころ、交通博物館(東京都千代田区)に展示されている海外や日本の帆船の優美さに惹かれ、スクラッチビルドで帆船模型を作り始めた。彫刻はそれ以前から手がけていたが、ザ・ロープに入会後は船関連の彫刻に専念するようになった。

 ザ・ロープの会は設立した75年以来、東京・銀座の伊東屋で帆船模型の展示会を毎年開催している。宮島さんが会員になったのは3年目のことだが、帆船や彫刻の出展については75年の第1回目から今年の29回に至るまで毎年続けている。"皆勤賞"の会員は今や宮島さんだけだそうだ。

宮島俊夫
みやじまとしお
1933年東京生まれ。40年程前にスクラッチ・ビルドの帆船を作り始めた。帆船を題材にしたレリーフ、彫刻も作り始めた。以来、帆船模型と、帆船の彫刻に熱中。本職はビル風の風洞実験用建築模型製作。中世の武器、蒸気機関車、など古い物すべてに興味があり、石弓、スティーブンソンのロコモーションなども作った。写真は、東京銀座の伊東屋で開催された第29回ザ・ロープ帆船模型展の会場にて (撮影/辻牧子)


彫刻だけではなく、大型帆船模型の作者としても評価が高い。代表作に1/20の「ワサ」があり、現在はスウェーデン大使館(東京都港区)に展示されている。この「ワサ」はカットモデルであり、船首と船尾のみを作った。それぞれ1m30cmである。中央部を作らなかったのは「船体中央部には彫刻が少ないから」(宮島さん)だそうだ。1/20の縮尺でワサを作ると全長は4mを超えてしまい、収納や運搬に困るというのも中央部を作らなかった理由だ。ワサは600を超える素晴らしい彫刻で飾られている。他の作品を手がけながらではあるが、製作には15年を要した。船体内部も身長8~9cmの人形20体を含めて見事に再現している。

宮島さんが製作した1/20スケールの「ワサ」。
カットモデルで、船首部と船尾部のみを緻密に
再現している。600を超える彫刻で飾られている
(撮影も宮島氏自身によるもの)


 彫刻に使用する木材は、ツゲ、カツラ、ホウノキなどだ。ツゲは硬いので、細かい部分が壊れにくいという特徴がある。そこでレリーフなどの細かい物を彫るのに使う。木の色が良いので塗装はしない。対照的にやわらかいカツラは大きい作品に使い、着色する。ホウノキはカツラより硬く、こちらも大きい作品に使っている。彫刻刀は市販のものを使用するが、小さい丸を彫るには注射器を改造した自作の道具を使用している。

 今回の「たのしみ」では、宮島さんの彫刻作品をお借りして、パソコンによるCAD/CAMで縮小模型を制作する実験を試みた。宮島さんの彫刻作品は、帆船の装飾すべてに及んでいるが、実験では舳先に飾るフィギュアヘッドの作品の中から、メキシコ海軍の現役練習帆船クォゥテモック(Cuauhtemoc)の彫刻をお借りした。

写真左は、宮島さんが製作したメキシコ海軍の現役練習帆船「クォゥテモック」の船首像(撮影:辻牧子)
写真右は、実際の「クォゥテモック」の船首像 (撮影も宮島氏自身によるもの)


 船名はインカ帝国最後の皇帝の名前で、船首像になっている。宮島さんは1995年の大阪帆船パレードにクォゥテモックが来航した際に左舷側を撮影した。何年か後に、正面の写真を入手。そして2002年に再び晴海に来航した際に、右舷側の写真を会員から入手することができた。こうして、ようやく全体像がわかり、彫刻が完成した。高さは30cm程である。

 縮小模型の製作工程を解説していこう。まず宮島さんの彫刻作品を3次元レーザースキャナで読み込み、形状データを作成する。この工程は、CAMソフト開発を手掛けるリアルファクトリー(横浜市) の田坂和隆さんに行って頂いた。羽根の裏、足の間、重なり合っている個所など、自動的にデータが取れない部分や、スキャンに適さない小物などのデータはモデリングの作業も必要だった。粘土を使って固定するなど、彫刻作品の固定にも工夫が必要であった。

写真左は、今回のプロジェクトに協力してくれたリアルファクトリーの田坂和隆氏(撮影:編集部)
写真右は、宮島さんの彫刻作品を3次元スキャナにセットしたところ。使用した機器は、
ローランド ディー.ジー.社製 3D Laser Scanner LPX-250 (撮影:田坂和隆氏)


 スキャンは水平4方向と上下の6方向から行い、得られたデータを合成した。回転する方法は今回の形状には使えなかった。というのも、回転スキャンは壷のような、周囲に陰がない物体にしか使えず、複雑な形状は、複数方向からのスキャンを合成するしかなかったそうだ。

 スキャンとデータ修正には、全部で18時間程度かかった。1方向のスキャンは1時間ぐらいで終わるが、やり直し、抜けているデータの生成などに手間がかかる。「このような複雑な3次元データは、CADだけで生成するのは不可能で、スキャンするしかない」と田坂さんは語る。


スキャニング制御ソフトはLPX-250
に付属のDr.PICZA3



ポリゴン編集ソフトはLPX-250 に
付属のPixForm。自動的にスキャン
できなかった部分は、後からデータを
作成した


 スキャンして作成した3次元データの掘削はローランド ディー.ジー.(静岡県浜松市)の十河潔(そごうきよし)さんに行って頂いた。3次元データをリアルファクトリーの「Craft Mill」に送りツールパスを発生させ、ローランド ディー.ジー.のMDX-650で加工した。

今回のプロジェクトに協力してくれたローランド 
ディー.ジー.の十河潔氏 
(撮影:ローランド ディー.ジー.)

ローランド ディー.ジー.の「MDX-650」でケミカルウッドを切削している様子
(撮影:十河潔氏)

             
今回のプロジェクトで完成した船首像の縮小模型。宮島さんが製作したものの、約半分の大きさだ


加工時間は下記の通りである。
・体(ケミカルウッド、4面加工
30時間
・羽2枚(ケミカルウッド、2面加工)
10時間
・手に持っているアクセサリー(アクリル、2面加工)
3時間20分


 彫刻刀で彫った感じはなかなか再現は難しく、形状の複製はできるが、風合いの再現はなかなか難しいことが、改めて実感できた。


(石塚朝生=日経BP編集委員室)



次のページもお楽しみ下さい。

 ● 宮島俊夫氏の帆船模型&彫刻作品 

toTop