logo-e

関連ページ

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラス の中の3D CGと操船ソフトで帆船を楽しむ1


このページは、日経アドバンテージのWebページに掲載されたものを、 同社の了解を得て転載しております。

た・の・し・み
帆船模型
木製キットとCGで帆船作り操船ソフトで大航海時代を想う


 「中学生の頃、手の込んだ模型飛行機を説明書だけを頼りに完成させた。無事に飛んだ時の感動が、以後の模型作りへの情熱につながっている」。こう語るのは飯沢清雄さんだ。

 25~40歳のころは船を主体としたプラモデルに凝った。パーツが細かく難しそうな点が創作意欲をかきたてた。カティサーク(CuttySark)やUSSコンスティチューション(USS Constitution)などの大型帆船を次々に作った。出向先のアメリカでは、大型プラモデルが手軽に安く入手できたので、赴任先でも何隻か作成したという。

 その後、しばらくブランクがあったが、昨年、サラリーマン生活に終止符を打ったのを機に手作り模型への熱い思いが再燃した。飯沢さんが挑んだのは木製の帆船模型だ。帆船の滑らかな曲線美にひかれたこともさることながら、精細なつくり、根気の必要性、多彩な工作手法など、どれをとっても挑戦のしがいを感じた。模型専門店に下見に行ったところ、店員が中級者向けの「Royal Caroline」を薦めてくれた。飯沢さん自身がとても気に入ったし、装飾の多い女性的な外観が夫人の好みに合ったこともあって最初の一隻に選んだ。

 完成させたのが写真の通りの見事な帆船模型だ。木製キットは未経験だったので、失敗しても習作だから割り切ろうと考えていた。しかし、これまでの様々な模型作りで身に付けてきたテクニックやノウハウが役立ち、確実にこつこつと作ることができた。加工技術で苦労したのは、船体の滑らかな曲線を平たい板材から作り上げる工程だ。表面を滑らかにする時には、カッターナイフの刃先ではなく、刃の背(刃を折る部分)で削るという独自の手法を編み出した。形になってくると愛着も深まる。「完成した時は、今まで楽しませてくれてありがとうという気持ちになった」と言う。

木製の帆船模型として最初に手掛けたRoyal Caroline。 全長83cmで製作期間は正味6カ月を要した

飯沢清雄氏 飯沢清雄氏
いいざわ きよお 1940年、新潟県柏崎市生まれ。58年に東芝に入社、鶴見工場で鉄道用変圧器の電気設計に携わる。65年、自動車用アンテナメーカーの原田工業に転職。米国や英国などで子会社設立の折に初代責任者として赴任。取締役、監査役を歴任し、2002年に退社。横浜帆船模型同好会に所属

◎内部を透視できる帆船を

世の中には他にも帆船模型にこだわりを持つ人がいるが、飯沢さんが凄いのは3次元CGでも帆船を製作している点だ。

 木製キットの場合、製作を進めるうちに精巧に作った内部がどんどん見えなくなってしまう。この点、CGなら原型を保ったまま、内部を透視したり、細部を拡大したりといったことが簡単にできる。 船体の滑らかな曲線や、豪華な立体装飾をいかに表現するかが課題だったが、イーフロンティア社の「Shade」というソフトを使うことで無事にクリアできたという。

 飯沢さんは、NECのPC-9800シリーズが世に出回り始めた1980年代半ば以降、仕事や趣味でパソコンを活用してきた。dBASEやMicrosoftACCESSなどのデータベースで身の回りの業務を効率化するシステムを開発したり、CorelDRAWなどのグラフィックソフトでプレゼン資料を作ったりと、常に先進的な使い方をしてきた。会社のホームページを作成したこともある。いつも市販の参考書を首っ引きで熟読して習得してきた。Shadeについても持ち前の熱心さで使い方をマスター。パソコンの中に、木製キットと同じRoyal Carolineを完成させた。

 さらに、筆者の勧めで新しい試みも始めた。それは「Virtual Sailor」というシミュレーションソフトで操船するというものだ。Shadeで作成した帆船の3次元形状データをVirtualSailorが扱えるデータ形式に変換すれば、パソコンの画面に表示される海原を帆走できる。ただし、帆船のデータを軽くしなければスムーズに操船できないため、Royal Carolineの装飾をかなり省く必要があった。最初のバージョンが完成したのは6月16日だった。

 「風や波のうねりに合わせて船体がローリングやピッチングを繰り返す様がリアルで、まるで大航海時代の帆船を操っているような気分を味わえる」と言う。もっとも、「陸の景観が少し簡単過ぎるような気がする。ソフトの仕様で景観も自分で制作できるようになっているので、いずれ挑戦してみたい。パソコンは、模型を完成させる充実感とは一味違う楽しさを与えてくれる」と語る。
2005年1月

                  (石塚朝生=編集委員室)



次のページもお楽しみ下さい。

●木製キットとCGで帆船作り操船ソフトで大航海時代を想う

●3D帆船奮戦記~Shadeで帆船3D画像を作る!

●操船ソフト奮戦記~VirtualSailorで海原を帆走!


toTop