logo-e




 
内容一新の Version 2.0 発売開始。 2008年3月

 この解説書は、ご自身でグラフィックスソフトを使用してフレームデータを作成したいという方のための具体的な作成手順を解説したものです。
解説書を活用する前提としては3次元グラフィックスソフトのShade(シェード)と、2次元グラフィックスソフトのCorelDRAW(コーレルドロー)を別途入手していただく必要があります。また、解説書はそれらのソフトの基本操作がマスターされている前提で記述してありますので、それらについてはソフトのマニュアル等により一通りの操作習熟を図ってください。

 Shade  (シェード)
 国産(多分国内最大手)の3次元グラフィックスソフトです。ベジェ曲線という線画機能で不定形の曲面形状を縦の線と横の線の組み合わせで自由に創出することができ、この機能を利用して船体曲面を作成し、その形状から個別のフレーム形状を創出します。

URL
http://shade.e-frontier.co.jp/
こちらからソフト情報等を入手してください。

ソフトラインアップ
basic  standard  professional
今回の目的にはbasicグレードで十分対応できます。
2011年現在のバージョンは 12.0
以前のバージョンをお持ちの方はShade 7.0 以降が使用可能です。
 
 CorelDRAW  (コーレルドロー)
 Illustratorと並ぶ2次元ドロー系(線画)ソフトです。今回このソフトを使用している理由は、基本的な線画機能の他に、線や図形、さらにはその座標などを数値入力で正確に制御する機能を持っていることで、2次元CAD的な正確さとフレームのような不定形曲線を滑らかに描画する機能を併せ持っている点です。
Shadeで正確な船体曲面を描画するための下絵のアレンジやShadeで生成されたフレーム線図を取り込んで最終的なフレーム図面にするのに威力を発揮します。

URL
http://www.corel.com/corel/
こちらからソフト情報等を入手してください。

ソフトラインアップ
CorelDRAW Essentials 3  CorelDRAW Graphics Suite X3
2011年現在のバージョンは X5
今回の目的にはEssentials 3グレードで十分対応できます。
以前のバージョンをお持ちの方は、CorelDRAW 9.0 以降がすべて使用可能です。
 作成手順は、最初に誰でも入手できるキットの中に入っているフレームの部品図とキールの図形だけを利用して、船体曲面の作成やそこからフレーム形状を割り出す基本的な操作方法を説明し、次にアナトミーシリーズからのより詳細な情報に基づくカントフレームやフレームと結合するキールの作図などを紹介します。
さらにVersion 2.0 として、今までのフレーム作成によって得られた数々のノウハウを基に全体の内容を見直し、それらを操作手順として内容の補足充実を図ります。
Version 2.0 は2008年3月に発売を開始しました。


back

toTop