logo-e

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラスの中の構造模型へのアプローチの中のデータ利用ガイド7






      目  次
第7章. おわりに
 


第7章 おわりに

 以上、考案したフレーム曲線作図方法に基づいて、何隻かのモデルを作図してきた結果からその利用にあたっての解釈方法や留意事項として認識したことをまとめてみた。ベテラン諸氏から見れば何を分かり切ったことをという部分が多いと思うが、冒頭にも書いたとおり比較的初級のモデラーが本書を見てフレームモデルが遠く及ばない世界だという先入観念を払拭し、挑戦してみたいという気持ちになっていただけたらこの上ない喜びである。
一つの試みとして述べると、作品のいくつかは同一縮尺のキットが市場に出回っている。例えばロイヤル・キャロラインなどは華麗な船体装飾が人気のモデルであるが、このキットを購入して船体部分のみをフレームモデルに改造し、船体上部にはキットの装飾をそのまま適用するなどの試みは今までにない形で面白いのではなかろうか。
今後もさらにいくつかのモデルについてフレームデータを作成していく予定であるが、さらに知識の研鑽をはかって作品の精度向上や内容の充実を図っていく所存である。

                                                      以 上


toTop