logo-e

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラスの中の構造模型へのアプローチの中のデータ利用ガイド5






      目  次
第5章. データの利用方法
第6章. 製作上の留意点
第7章. おわりに
 


第5章 データの利用方法

 以上説明した図形データは百数十枚にも及ぶので、通常はCD-ROMで一般の画像と同じjpgファイル(注:最近のCDにはpdfファイルも添付)にして提供される。利用者はこれをPCで原寸通り印刷する手段さえあれば製作に必要な枚数を何枚でもプリントすることができる。印刷は大きなサイズの図形は分割されており、すべてA4サイズで印刷できるようになっているので手持ちのA4プリンタで十分である。具体的な手段は次のいずれかを参照願いたい。

1)

画像編集ソフトの利用
 
 Photoshop(Photoshop Elementを含む)、Paint shopなどの画像編集ソフトがあればこれらは原寸印刷オプションを持っているのでそれを利用して印刷ができる。 また、デジカメを持っていればそれに大概簡易編集ソフトが付属しており(例えばCanonではZoom Browser EXなど)、それらにも原寸印刷機能が搭載してある場合が多いので確認してみるとよい。
尚、最近は同一内容のpdfファイルも添付するようにしたので、PCに付属のAcrobat Reader で簡単に原寸印刷をすることができる。

2)
専用グラフィックスソフトの利用
 
 データの原図形は、CorelDRAW(コーレルドロー)という2次元グラフィックスソフトを利用して作成されており、そのファイルもCD-ROM内に収納されている。画像編集ソフトなどを持ち合わせていない場合はこの専用ソフトを購入しても良い。このソフトにはもちろん原寸印刷機能が付いている。 とはいえ、正規版はとても高価なので、入門版のCorelDRAW Essentials という簡易版を購入するとよい。1)項で述べた画像ソフトより廉価であり、また、ソフトの操作に習熟してくれば元図形を自分で加工、編集するということも可能である(加工ミス等による元データの損傷等については保証しかねるが)。

3)
印刷状態での提供
 
 PCやプリンタを保有してない等の理由で上記いずれも適用できない場合は当方から紙にプリントした状態で提供することも可能である。しかし、図形は製作過程で同じものを何枚も使用する可能性があるので、提供を受けた印刷物はオリジナルとして保有し、必要な枚数はコピーで確保するようにする。カラーのオリジナルが手許においてあればコピーはモノクロでも利用するのに支障はない。

4)
印刷誤差
 
 原ファイルは正確な縮尺で製作されているのであるが、実際のプリント出力にあたってはプリンタでの誤差が多少なりとも有り、印刷品は0.1%台の誤差は発生する。また、縦方向と横方向でも誤差の大きさは異なる。印刷したものの方眼寸法や外枠寸法などを測ってみるとよい。しかし、同じプリンタで出力する限り図面同志の整合性は保たれるので製作上は問題ないと思われる。コピー機による誤差や歪みに比べるとより高い精度を維持することができる。



toTop