logo-e

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラスの中の構造模型へのアプローチの中のデータ利用ガイド3






      目  次
第3章. 作図上の基準
第4章. 各図面の参照方法
第5章. データの利用方法
第6章. 製作上の留意点
第7章. おわりに
 


第3章 作図上の基準

 船体の諸元の呼称や表し方には独特の方法が用いられるが、今回の作図で正確な縮尺を得るために適用する部分を主体にその意味を説明し、併せて作図上の基準や作図補助の方法を説明する。
1)
実船の基準位置、寸法
 
Midship
ミッドシップ、ミジップ、ミッジップ等。船体長手方向の中央部を表す用語であるが、実際は船体の最大船腹の位置をいう。図面上の表記としてはφや、○と×を組み合わせた記号で表される。
 
LBP
船の全長を表すのに、その物理的な長さでなく船の基準とするメインのデッキ全長で表現するが、その最前端をFP(エフ・ピー)、最後端をAP(エー・ピー)といい、LBPはその間ということで表現する。大型の多層甲板船などで、どのデッキがメインとなるかは資料の説明文あるいは図から読み取ることになる。
 
FP
Fore Perpendicular
メインのデッキの最前端位置、ステムラベットの内側まで
 
AP
Aft Perpendicular
メインのデッキの最後端位置、スターンラベットの内側まで
 
Breadth
船体最大幅(ブレッズ)。但し、この寸法は外板の張られた完成寸法なので、フレーム作図の際はBody Planの最大幅を使用する。
 
Station Line
船体はフレームの単位配列毎に等間隔で線引きされており、その線をステーションラインといって一定のルールにより番号並びにアルファベットが付されている。船体主要部にあるフレームはこの間に定まった規則で配置されるが、Midship部分や前後のカントフレーム部分では必ずしも同一間隔の配置とはならない。
 
Body Plan
上記ステーションラインの位置で船体を輪切りにした輪郭として描かれており、それはフレームの外縁線である(キールとの接合部がラベットの上縁の部分で交わっていることからそのように理解できる)。この何本かの線が本書で船体曲面を生成する上での貴重なデータとなる。
 
Camber
キャンバー。デッキ面の、中心から舷側方向へ向かっての膨らみを表す用語で、最大幅部におけるデッキ中央とデッキ端の高さの差で表す。キャンバーカーブはその間をある約束に基づいて描かれた弧であり、弧の形状そのものはデッキ全長にわたって一定で長さだけが船幅に応じて変化する。
 
Diagonal
ダイアゴナル。斜線、対角線などと直訳しても意味は通じないが、船体の幅方向中心上における任意の位置から斜めに船幅を横切る線のことをいい、本来は船体の滑らかさをチェックするための線として用いられたようである。同様の線はフレームを構成するファトックの継ぎ目位置が船体上で滑らかにつながって見えるように位置決めするのに用いることができ、本方式ではすべてダイアゴナルを利用している。
その他に、上面から見たカントフレームの傾斜を表すことにも用いられる場合がある。
2)
作図上の基準座標
 
 模型用の作図にあたって、フレームや船体図形の原点座標をどこにするかであるが、いろいろと試行した結果次のように決めるのがもっとも直感的でわかりやすいということになった。
 
X軸(全長方向)
Midship位置を0とする。但し、フレーム配列によっては多少前後にオフセットする場合がある。
 
Y軸(高さ方向)
メインのフレーム最下端、すなわちMidshipにおけるラベット上縁の位置を0とする。(船体基準線と一致)
 
Z軸(船幅方向)
船幅中心位置を0とする。
 
 そのように決めた理由はいくつかあるが、
 
  ・ステーションラインがMidshipから前後に振り分けられているケースが多い。
  ・インチからミリへの換算や、縮尺変換で生じる誤差を船の前後方向に分散する。理論的に
   は製作時も含めて誤差の影響が約半分になる。
  ・主役のフレーム図において、その絶対寸法をスケールから直読することができる。
 

 などである。
 これらの原点位置は、当然のことながら関連する他の図面にも適用されており、位置の整合性を図っている。また、図によって表示されているスケールや方眼はすべてこの原点位置を基準に描かれている。具体的には添付した各種図を参照していただきたい。


toTop