logo-e

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラスの中の構造模型へのアプローチの中のデータ利用ガイド2






      目  次
第2章. 本作図方式の特長
第3章. 作図上の基準
第4章. 各図面の参照方法
第5章. データの利用方法
第6章. 製作上の留意点
第7章. おわりに
 


第2章 本作図方式の特長

 具体的な説明の前に、本方式の概要を理解していただくためにその作成原理と特長を整理しておきたい。
1)
キットの図面やアナトミーシリーズなどから得られる10本程度の代表的なフレームの外形から全体の船体曲面を3次元グラフィックスソフトにより正確に再現できることがわかった。さらに、その曲面を実際のフレーム位置で輪切り状にすることで新たなフレーム形状を生成させることができる。輪切り作業はワンクリックでできるため、大型で100本余もある全フレームでも短時間で正確に再現することができる。
フレーム内側の形状についても同様の手法で生成できるので、それらの線形状から一本のフレームの前面、後面、外側、内側の線形状をセットにすることですべてのフレームの加工形状を取得することができる。この情報を2次元グラフィックスソフトに取り込んで正確且つ滑らかなフレーム曲線を作図する。
作図により個々のフレームは船体の曲面に応じてその部分のベベル量も自動的に取得することになるので、加工時には材料の無駄や切断、加工のミスが発生しない。

2)
直交フレームに限らず、キールと角度を持って結合する船体前後のカントフレームも、船体図形をその角度分回転することによって直角に正対したフレーム形状を取得することができるため、手作業で作図するときのような展開作図作業は必要なく、正確な切り抜き形状を取得することができる。

3)
情報さえあれば船体図にキール、デッキビーム、ガンポートなどの位置関係を付加することができるので、フレーム図はそれらとの結合部を含む正確な形状として作図することができる。

4)
フレーム線図は、製作方法に応じてファトック単位に分解した形状を作成することも可能であり、さらに板材の寸法が事前にわかっていればそれに合わせてファトックを無駄なく配置した切り抜き図も作成することが可能である。

5)
フレーム線図は正確な方眼の上に描かれており、さらに製作方法に可能な限り対応した合わせマークやガイドライン、結合部の関係などが明記されているので、ファトック加工用だけでなくフレーム組立時のテンプレートとしても利用することができる。また、製作者が必要に応じてその上に追加製図などをすることも可能である。いうまでもないことだが、図面の要所を測定してもらえばわかるが寸法精度はCAD並みに正確である。

6)
標準的に作成する図面は全フレームの他に、代表的な船体構造部品を線図で重ねたフレームレイアウト図、フレームとの結合関係を付加したキール単体図、倒立式組立法を想定したフレーム上端固定治具用の船体上面図がセットとなる。 【図1】に代表的な図面の作成状況を示す。また、ファトックの切り出し方法によってはフレームを個別のファトックに分解した図や、さらに材料の板幅がわかる場合はファトックを効率的に切り出すためのレイアウト図なども作成することができる。 アナトミーなど、存在する情報の量によってはその他に船首ホーズティンバー、船尾トランサム、スターンポストなどを、結合部の整合性をとった上で提供することも可能である。
010
7)
一度船体情報を作成すればこれらの図形データは自由且つ正確に拡大縮小が可能なので、製作者の希望する縮尺に直して作図、提供することも可能である。

8)
このように盛りだくさんの情報でありながら、一隻あたり平均一ヶ月程度(最短は約10日で作成)でデータを作成することが可能であり、従来のフレーム図形が単なる輪郭線だけというものが多い中で、情報量の多さ、精度の高さという点で革新的な手法であることはデータを見れば理解していただけると思う。

9)
具体的な作図手法に関心のある方は、別途準備してある「フレームデータ作成手順解説書」を是非とも参照していただきたい。作成ツールである3次元、2次元のグラフィックスソフトも廉価な入門グレードで十分作成が可能であり、手元にあれば他の部品図面作成なども可能である。


toTop