logo-e

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラスの中の構造模型へのアプローチの中のデータ利用ガイド1





このページは、当会が作成した構造模型用フレームデータについて、その図面の見方や書き方の約束などについて解説したドキュメントの全文を掲載したものです。これによりデータがどのようなものか、ご自身の製作にどのくらい役立つものかなどを事前に理解していただくことが可能です。尚、オリジナルのドキュメントとしてご利用になりたい方は下記からダウンロードしていただくことも可能です。

フレームデータ利用ガイドのダウンロード(PDFファイル)

      目  次
第1章. はじめに
第2章. 本作図方式の特長
第3章. 作図上の基準
第4章. 各図面の参照方法
第5章. データの利用方法
第6章. 製作上の留意点
第7章. おわりに
 


第1章 はじめに

2006年4月の当会帆船模型展において、グラフィックスソフトによる構造模型用のフレーム図面作成方法を発表し、その実際の作成手順について解説したが、実際問題としては模型製作者がこれからグラフィックスソフトの使い方をマスターしてまで図面を製作するというケースはそう多くはないだろうと思う。しかしながら、今回考案した方法は従来の手作業による作図方法から比べるとどう控えめに見ても何十倍も速く、さらに、その精度や付加する情報の多さなどを併せて評価すると、フレームモデルの製作を希望する人にとっては画期的な情報になることは間違いないであろう。

 それならば、自分が各種モデルのフレームデータを作成して提供することにしたらどうだろう、作成した図面の見方や書き方の約束などさえ理解できれば誰でも利用可能になるのではないだろうかというのが本解説書作成のきっかけである。現にこの一年余りでフレームデータとしては6隻以上を作成してきたが、その過程で当初は考えていなかった新しい情報も付加できるようになったり、製作上参考になる数々のノウハウが得られたりした。それらの内容をここに整理して提供することで、共用性の高いデータになるのではないかと思う。

 但し、あらかじめお断りしておくが、本方式は構造模型の製作を志す人が入手する線図やアナトミーシリーズなどの資料から、その中には含まれていない個別フレームの形状や、それらと結合するキールやビームとの位置関係の情報を提供するものであり、船体製作のための不足情報を補足するという性質のものなので、その他の構造体や装備品の製作等、全体の製作のためにはアナトミーシリーズなど、本来の参考資料が必須となることを承知していただきたい。

 説明にあたっては、A4サイズという制約の中で説明図をできるだけ大きく表示する必要から大部分のフルページ図面を別ファイル「挿入図」に集約したため、文書との照合がしにくい面があると思うが、図のパートを印刷した上で文書と対比しながら利用する等の方法をとっていただきたい。また、説明そのものについても、作者の知識不足のために解釈の間違いや説明不足の点が多々あることと思われるが、船そのものの技術解説書ではないため何卒ご容赦いただきたい。
尚、本書と同一内容のものは当会のホームページにも公開しているので、そのメールボックスを通して本質的な間違いの訂正やご意見、ご要望などをいただければ可及的速やかにWeb上に反映させたいと思う。

  注) Webページでは文中に縮小画像を表示し、それをクリックすると拡大画像を表示します。


作者の意図としては、個別フレーム図作成の困難さが構造模型の製作をごく一部のベテランモデラーの領域に制限していたものを、本書の公開を通じて広く一般モデラーにまで広げたいと願うのが目的であり、図面情報の提供によりこの可能性は大きく前進させられるものと期待している。この解説書を最後まで参照していただくことで、その情報が如何に構造模型の製作にとって有効なものかがおわかりいただけることと思う。


toTop