logo-e

現在位置 : ホームの中の帆船模型プラスの中の構造模型へのアプローチ





1.構造模型用部品の作図支援
【ノウハウの公開について】
 
【データCDの利用方法】
 
【データCDの購入方法】
2.フレームデータ利用ガイド
3.フレームデータのご紹介
4.フレーム材の製材方法(参考)
5.製作スナップ ベローナ
6.製作スナップ パンドラ


1.構造模型用部品の作図支援

2005年11月、当会では構造模型に必須のフレーム図形を市販グラフィックスソフトの入門版を利用して画期的に短い期間で作成する手法を開発しました。
構造模型とはご存じのように優雅な船体曲面をその骨格で表現するため、製作にあたっては個々のフレーム曲線を部品図として正確に再現する必要がありますが、3次元の船体曲面から全フレームの形状を手作業による作図で抽出することはその精度を含めて至難の業であり、これが構造模型への取り組みを縁遠いものとしていました。
最近はCADの出現により、作図技法としては手作業に代わる方法として利用できる可能性はあります。しかしながら、3次元CADは非常に高価なため個人レベルでその環境を手に入れることは非常に困難です。また、ソフトウェアの曲面生成方法によっては今回の意図に沿ったフレーム曲線の抽出ができないものもあります。

 今回の手法開発のポイントは、CADの代わりに3次元と2次元の市販グラフィックスソフト廉価版を利用して数枚のフレーム形状(キットのフレーム図やアナトミーシリーズから入手可能)から船体曲面を生成し、その形状を輪切りにする要領で希望する位置のフレーム断面形状を取得するというものです。
使用するグラフィックスソフトは、「Shade」という国産3次元ソフトと「CorelDRAW」という2次元ソフトです。その大きな特長は、いずれもベジェ曲線という自由曲線描画機能と、数値入力という正確な寸法指定機能を活用することで正確なフレーム図形の作成を可能にしました。一方でベジェ曲線でなくポリゴンという小さな多角形を組み合わせて曲面を生成する3次元ソフトでは今回の方法は使えず、数値入力のできない2次元ソフトでは描画精度の点で圧倒的に劣っています。
 実際のデータ作成においては、単にフレーム図形だけでなく、結合するキールやデッキビームなどとの相関関係も正確に表示していきますので、部品加工だけでなく模型の組み立て作業にも有効な情報を提供することが可能です。
詳細な作図手順解説書も作成してありますので、グラフィックスに慣れている方は上記ソフトを準備することで必要な船のデータをご自身で作成することが可能になります。
必要なソフトは、
3次元グラフィックスソフト      Shade basicグレード 
2次元ドローソフト          CorelDRAW Essentials2 (最新はEssentials3)
いずれも実売り価格8,000円程度(2005年11月現在)の入門グレードで、今回の用途には十分に使用することができます。

toTop

【ノウハウの公開】

当会ではこの方法の有効性に着目し、構造模型の製作が一部のベテランモデラーだけでなく、より広く普及発展することを願ってその作成ノウハウと作成したフレームデータを公開することにしました。その第一弾は2006年4月22日から5月7日まで開催された「世界の帆船模型展」でデモンストレーションを行って、多くの方々にその内容を見ていただきました。さらに、その後でフレーム図面作成の詳細な手順解説書と、検証過程で作成した「エセックス」のフレーム図形データをCD-ROMにしてご希望の方に提供するプログラムを実施いたしました。

 その後、データが欲しいという方々のご希望に応じて現在までに数隻の新規フレームデータを作成してきました。その一方で、この方法が手作業に比べてはるかに簡単であるとはいえ、グラフィックスに馴染みのない方にはソフトに習熟してまで利用するということ自体がやはり高いハードルになることも考えられます。そこで、作成したデータやその作成手順についてすべて公開することはもちろん、データの有用性を知っていただくために図面に盛り込まれている情報をあらかじめ確認できるような解説ページをこのサイトに設けることにしました(冒頭目次のフレームデータ利用ガイドを参照して下さい)。内容のイメージを明確にするためにもこの後のページを是非ご覧になって下さい。この解説書はまた自由にダウンロードして印刷等により高精細に参照することも可能にしてあります。

toTop

【データCDの利用方法】

データのCD-ROMには、それぞれのグラフィックスソフトによるオリジナルファイルとそれを原寸画像化したjpgファイルなどが収納されています。また、2010年以降は特別なソフトがなくても図面の原寸印刷が可能なpdfファイルも追加するようにしました。

 ShadeやCorelDRAWを保有する環境の方は、CD-ROM内のすべてのファイル形式が利用可能です。もちろん、作成手順解説書の説明にしたがってオリジナルファイルに手を加えたり、自ら希望する船のフレームデータを作成することも可能になります。

 グラフィックスは今更どうもという方は準備された実寸のフレームデータ画像ファイルを原寸印刷して実際の構造模型を作成することが可能です。キール、フレーム、ビームと船体構造の3大部品情報が揃っていますので、初級者の方でも構造模型に挑戦することが可能です。(実際の模型製作に当たっては、別途アナトミーシリーズなどの購入をお勧めします。)

 尚、 原寸印刷のためにはPCの印刷ソフトに原寸印刷オプションが必要です。デジカメや写真編集をされていてPhotoshop(Elementsを含む)やPaint Shop Proなどをお持ちの場合はその中に原寸印刷機能があります。(前述の通り、pdfファイルを添付するようにしましたので、この制約はなくなりました。)

 上記いずれも難しい場合は、フレームデータを当方で印刷して提供することも考慮いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。但し、実際の模型製作にあたっては同じ図面を何枚も使用する可能性がありますが、提供する図面は各1部とさせていただきますので、必要部数はコピーなどで対応していただくことになりますのでご了承下さい。

toTop

【データCDの購入方法】

 1)商品のラインアップ

各船体モデルの詳細は目次の「フレームデータのご紹介」を参照下さい。
1.エセックス 
2.ロイヤル・キャロライン
3.ベローナ
4.グラナド
5.パンドラ
6.ロイヤル・ヨット
7.フレームデータ作成手順解説書  Version 2.0 改訂版 2008年3月発売開始

2)領布価格
会員の方、一般の方を問わず  1データあたり一律¥1,600(送料込み)

3)ご注文のお申し込み
・ご希望の方は、メールボックスのWebMaster宛にメールでご注文下さい。
・ご注文にはどの船を希望するか船名または解説書の区別を明記下さい。
・同一CD二枚以上あるいは二種類以上のデータをご希望の方はその旨を明記下さい。
(二種類以上の場合は容量の許す範囲で同一CDにまとめることがあります)
・会員の方は会員IDとお名前を併記願います。
・一般の方は送付先の住所、郵便番号とお名前を併記願います。
・下記の口座への振込みが確認され次第、CDを原則メール便でお送りいたします。

4)支払い方法~銀行振り込み
ご注文と同時に下記の口座に所定の料金を振り込んで下さい。
銀行名     横浜銀行 いずみ野支店
口座名義   横浜帆船模型同好会 (ヨコハマハンセンモケイドウコウカイ)
口座番号   普通 1158487
尚、振り込み手数料は各自ご負担願います。
ご注文のメールだけで、振込みがない場合は商品を発送できませんのでご注意下さい。

ご注文にあたってのお問い合わせ並びに内容についてのご質問等はこちらまでメール下さい。

toTop

1.構造模型用部品の作図支援
【ノウハウの公開について】
 
【データCDの利用方法】
 
【データCDの購入方法】
2.フレームデータ利用ガイド
3.フレームデータのご紹介
4.フレーム材の製材方法(参考)
5.製作スナップ ベローナ
6.製作スナップ パンドラ

toTop