リスボンへ

 

始めは飲み会の席上、話が弾んで、リスボンへ行ってファドを聴いてみたいなと話題にあがった。アマリア・ロドリゲス、音楽好きならたいていの人が知っている名前、もう可成りお年よりの婆さんの筈だ、あのファスキーボイス、四月の春、こうなったら行ってみよう、これがきっかけです。
どっちにしても帆船仲間、ついでに船を見ようよ、という事になって海外旅行に詳しい小城さんが計画、これに宮島さんと私が相乗りしたのです。
行く前には余り期待していなかったリスボンの海洋博物館、あの有名な発見の記念碑の陸側、傍にはベレンの塔、ジェロニモス修道院の中にまさか海洋博物館があるとは思ってもいなかったのです。
寺院内の一部が使われ、別に実物船の建物もあって可成り広いのです。やはり海洋国、展示の内容も充実、帆船模型も多い、中でもここには実物大のガレー船が十数隻、大きな建物の中に収まり、中2階から船を見下ろすこともできる。
町へ入って出くわした馬車博物館、期待していなかっただけにその豪華さと歴史の重みに大感激する場面もありました。

 

前方に見える全長約2300メートルの4月25日橋、テージョ川にかかる大きい吊り橋、変わった名前の橋だけど1966年完成当時の独裁者の名前から取ったそうだ。テージョ川、一番広いところでは川巾5キロもある大河、その川岸に発見の記念碑がある。同行の宮島さんが前から見た写真を見たことがないと云っていたがなるほど前が川なら余り前から見る機会は少なそうだ。

 

ここから先には陸がないとポルトガル人は云ったそうだ

意外と広い展示室、模型の展示も多いが、計測用具、当時の服など多彩

こんな構造模型もある、部分毎にフレームの特徴がわかりやすい

豪華な飾り付けをしたガレー船が10数隻、上からも見やすいように展望台もある

ガレー船、これは模型ではなく実船のようだ、フランスのインペリアルと似ているので王室用だろう

大砲も並みではない、仰角可変式の機械のような大砲

街の至る所に船のディスプレー、流石大航海時代の海洋王国、

  

  

 

  

TOP
NEXT