水路というのでしょうか、デッキの両横に断面が3角になった棒があります。デッキを貼る前にこのウオーターウエイを船体内側のフレームに貼りつけました。これらの取り付け寸法を決めるとき適当なゲージは市販されていません。そこで本物の船の造船所で使っているガントクレーンをまねてガントスケール(用語まで発明した)を作り船内各部の寸法が容易に測れるようになりました。

フレームの内側には板を貼ります。この板は防水というより、オーロップに荷物を積み込んだときに、フレームに損傷を与えないようにする防護壁の役目をしています。

船底の方は隙間無く貼りつけていますが、船腹の方は所々貼ってない部分もあります。この図面を見てよく分かったのですが、キットでは表現のしようがない船の内側の様子が大変よく分かったと云うことです。

貼った後、内側の板をサンドペーパーでなめらかになるまで磨きます。

船底の板を貼った後、内部補強フレームとフォアマストのサポートを付ける

上と同じでメインマストのサポート

船底の板貼り状況

ウオーターウエイを取り付け