船体内側ガンデッキより上はブルワークまで黒みを付けた赤色で塗装します。アッパーデッキは、ガンデッキと殆ど同じ工法でデッキを貼りましたが、全部は貼らずにガンデッキとビーム及び補助材が見えるように所々デッキ板を抜いてあります。

このデッキにはいろんな装備が仕組まれています。

フォアマストのトップセールビット、ケーキとか粉食品を焼くオーブン、ギャレー、ファイヤーハッチ(竈のような物で鍋を掛けて煮物もできるし、牛一匹くらいのローストが出来るような大きさと構造)、そこに乗っている大鍋、メイントップスルのシートビット、大きなハッチ、メインキャプスタンに続いて階段、そして高級将校の居室へ続きます。士官室には据え付けのサイドボードも用意されています。

ファイヤーハッチは防火のため外回りは煉瓦で出来ていますが、それを保護して木枠で囲んであります。これらもカット図を参考に形作りました。そこには本物の灰をまいて接着剤で固め使用中の感じを出しました。大鍋は真鍮板で作り、リベット頭も表現して大鍋の感じを出しました。

キャプスタンは文章で説明するより写真とか図の方が分かりやすいでしょう。

士官室のバリヤは組み込みを完成して船内に取り付けました。

勿論こちらのデッキにも片弦ですが18ポンド砲が15門ずらりと並んでいます。

複雑なアッパーデッキのビーム

ブルワーク塗装後大砲フック付け

バウスプリットのサポート
シートビット滑車入り
キャプスタン配置
ギャレーの器具
士官室のバルク
バルク取り付け
アッパーデッキ後部