船底に入れる樽を作りました、これは以前、箱根の畑宿で勉強した箱根細工の技法がそのまま役立ったのです。

まず材料は木材のはぎれで樽の一辺に相当する三角形の長い棒を作ります。これを重ねて接着し丸い棒にします、断面を見ると放射状にラインが見えます。

これを木工旋盤で樽のカーブに合わせてそれらしく削ります。本物の樽のように両端が細くなった実感のある樽が出来ます。

この樽に真鍮の帯金で作ったたがをはめていきます。たがは予め真鍮の黒染め液で黒く汚しておきます。

樽の両背面は樽の妻を貼りつけます。こうしてダークのオイルステンを塗ると非常に実感のある樽が出来上がります。数が必要なんで樽は100個くらい作りました。これを図面通りにオーロップに並べ積み重ねます。樽と樽の隙間と船底にはバラスとを埋め込みます。この模型ではたまたまイタリアの大理石で作った小石を見つけたのでそれを使ったところ、まことに実感が出てきました。

 

箱根細工式に細い三角棒を作り、間に黒の紙を入れて筋目の表現をするこれを丸棒になるよう重ねて接着する

家庭電気大工用の木工旋盤で表面を荒削りする

木工旋盤で樽形に削っていく、オイルステンで着色し樽を1個毎切断する

樽の表面に真鍮帯板を黒染めした、たがをはめていく

完成した樽を船底に固定する