ガンデッキ回りの工作が完了したところで、積み込む大砲を作ります。ガンデッキは大砲も含めて全ての装備を完了していないと、上にアッパーデッキを貼るので、ガンデッキの工作が出来なくなります。
大砲の砲身は真鍮の丸棒から旋盤で削ります。言葉では削るでお終いですが、現実はそんな甘い物ではありません。大砲が元から先まで同じ直径で出来ていれば話は簡単ですが、現物にはテーパーという、こわーいものが付いています。それも途中にリングがはまっているのです。後でリングを付けるとなると、よけい難しいと感じたので、旋盤加工でリングを表現しました。
砲身のウエザリングは黒染め液を水で薄く溶いて砲身を浸し、時間を掛けて真っ黒にならないよう中途で処理を止めます。こうすることで真鍮の表面が重みを増し、所々金属光も残っているので、実感のある大砲が出来上がります。話が長くなるので止めますが、この砲身にクロスした砲架に付けるシャフトが貫通しています。これが又厄介で砲身の中心ではなく少し偏っているのです。だからシャフト穴を開けるときドリルの先が滑って上手く穴が開きません。これは少し大がかりなゲージを作って何とか工作を終了しました。
次ぎに砲架を作りますが、これらは工作の難しさはないのですが、何しろ部品点数が多い、それを一個一個仕上げ最終的には接着剤で固めていきます。
この大砲をガンデッキに固定するのはブロックと固定環の間にロープを張るのです。大砲は片弦だけに配備したのですがそれでも同じ作業を14回も繰り返します。資料を見るとスターン側の大砲は故障していて船内に引き入れた姿になっています。これも忠実に工作しました、こんな秘密のような工作を見つける人はいないと思いますが、この辺はモデラーの自己満足の好材料になります。
大砲がとりついた後スターンから覗いてみると、重そうな大砲がずらっと並んでいて壮観です。これで工作中の苦労も一辺に飛んでしまいました。後に残ってのは喜びだけです。この感じは作らないと得られないものです。