<

 

今回の模型作りは苦労の連続だったが、このスターンも我ながら良くできたなと思える部分です。ここも殆どの部品は図面よりも現物合わせ、何回もやり直してやっとフィットする始末でした。

どこの部分が一番苦労しました?、こんな質問を頂いたときです。どこだったかな、直ぐ答えられないぐらい全部分苦労の固まりでした。

 

窓の形も微妙に違うがレールの両端に仮付けし、形を確認した
スターンギャラリーのネットはよく見ると一個一個傾斜の度合いが違う。一個ずつ作って貼るときに斜め位置を決めようと思ったが、そんな簡単にはいかなかった。結局一枚の真鍮板から糸のこで穴の部分を切り抜き、精密鑢で細かく仕上げた。結果は大成功
レール類は全て柘植の板を重ね合わし、ラインを強調した、サイドの窓も全て形が違うので全て現物から寸法を割り出した。コーナーの飾りは最も不得意な彫刻で表現した
スターンギャラリー下の飾りも彫刻したが、資料と比べかなりデフォルメしている。資料通りに精密に作るのは、私にとって至難なことだった
ランタン、真鍮板を削りラミネートした、灯火の部分はアクリライトを整形しランタンの芯にした、あまりにも重くなって、展覧会に出品したら落ちてしまった