フレームとキールの組み合わせ

フレームとキールが揃ったところで組立に入ります。まず工作台ですが基準をしっかりしたいために、22mm厚のベニヤ板定尺を丁度真ぷたつに縦に切りました。それでも可成りの重量感があります。これの4隅にねじはめ込み式の足のホルダーをねじ付けします。足を取り付けると工作には丁度よい高さになりました。

工作台にキールを取り付け

 

次は基準になるキールを取り付ける溝を材木2本でキールを挟んで固定します。次ぎにキールを鉛直に立てるための補助板を船台に取り付けます。この辺は多くのマニュアル本にも書いてあるのでそれを参考にしていただいて、私としてはこのページの全編で人にマニュアルを教えるのではなくて(とてもそんな資格は持っていません)、私の体験を報告したいのです。

作り方はいろいろある

だからこの通り作っても、こんな方法なら私しか作れないかも分かりません。もっとこういううやり方があるよと云う方法があったらどうぞ教えていただきたいと思っていますので、ご連絡下さい。

キールが固定されたらフレームを順番通りにキールの溝にはめ込みます。ここでフレームを固定するための枠をゲージとして作りフレームが寸法を維持して固定できるような構造にしました。

フレームとフレームの間は3mm、これには驚きました、フレームの幅は13mmもあります。スリットよりもフレームの幅の方が余程大きいのです。いま迄作ってきたキットでは1/72の縮尺でもフレーム間50から100mmもあります。あれっ、本物の船は殆どフレームがつながったような物だ。スリットの3mmは檜棒の角棒がそのまま使えフレームに仮付けしました。

フレームの組立はフレーム外部を荒削りした面に檜棒を接着し、フレーム同士を固定します。

この状態でフレーム内側をカーブをつけた木材にサンドペーパーを貼りつけた自作工具で整形していきます。フレームの切り抜きラインまで、スムーズなカーブになるよう調整していきます。船首、船尾から覗いて整形状態を確認します。これで大丈夫と確認できたところでフレーム内側にまだ仮付けですが長い檜材を貼りつけていきます。

フレームの外側はまだでこぼこの状態です。仮付けした木材を外し、今度は外側の整形をしていきます。