ブードリオのライン図

大体船の大きさ、形の概要が分かります。資料は膨大、模型は精密ですが、ライン図は、時代が同じならどの船を見てもよく似た形をしています。

 

 

図面を書く

ブードリオ(フランスの74門艦、本の作者)の原図に透明のセクションペーパーを重ね、かなり細かくxy方向の座標を記録していきます。これを元に1.5倍にした寸法で、新しいセクションペーパーに座標をプロットします。プロットを辿ると大体綺麗なカーブが描けるようになります。

最初から細かく全部の図面を書いても大変なので、先に船体が組めるようにフレーム図面を描きました。先ほどのプロットしたポイントを自由雲形定規を使って、カーブを描きます。なぜ普通の雲形定規を使わなかったかと云うと連続した複雑なカーブは描きにくということにつきます。

原本通り最初は左側に船尾側、右側に船首側をフレームに重ねて作図したのですが、これではフレームの型紙を作るときにはラインが混雑してわかりにくくなります。それでフレーム1枚毎にカーブを描きました。

船体全体のフレーム配置、側面図、デッキ図などは元図を1.5倍にコピーしましたが、当時のコピー機は紙の問題もあるのでしょうが、どの部分をとっても1.5倍になるとは限らず、いい加減なところが多いのです。元々原図が大きいのでその辺のコピー機ではとても間に合いません。たまたまコピー機メーカーのサービスステーションを見つけたので依頼しましたが、コピーだけでうん万円と可成りの出費になりました。その図面がそのまま使えないとなると悲しくなってきます。

結局側面図などの基本的な図面はA1のセクションペーパーに鉛筆で作図しました。