<

 

船の部品でこれはシンプルというのは殆どないと諦めた方がよさそうです。ラダーの図面を見ました。今まで斜め読みをしていたので気づかなかったのですが、いよいよラダーに取りかかろうと思って詳細に図面を観察しました。

これは凄いぞ、大変ダー。

ラダーで此処までの仕事が終わってしまったんでは面白くありません。気を持ち直して、どのように具現化するか、作業の順序から行っても取りあえず、本体にラダーを取り付けないと次の工程に進めません。

材料は本体と同じ朴の木を使いました。図面通りに板をカットし取りあえず接着剤を使って各ブロックを組み立てます。それに真鍮板で作った(本物は鉄のようです)金具を取り付け、その金具に釘の頭を表現します。

ラダーと本体は特殊なヒンジ機構で結ばれています。ラダー側に穴、本体側は棒状にして差し込みます。此処は真鍮パイプと真鍮線で作りました。実際に本体にラダーを差し込んだのですが僅かな寸法の違いで上手くフィットしてくれません。

結局5回ほどやり直しました、ラダー1枚にこんなに労力と心労を受けるとは思っていませんでした。

 

船体にラダー取り付け

 

 

ラダーの下部、ヒンジの組み合わせ

ラダーを動かすシステム、ラーダーの棹を船体内の弓状ガイドに沿わせる

ダブルホイールに巻いたロープの移動でラダーガ動く


ラダーを動かすシステム(ブードリオの74門艦引用)