このデッキも全部板を貼っていません。理由はアッパーデッキと同じです。だけど張り合わせが悪く、完了するまで2回も張り替えました。こんな作業はなぜ失敗したのかと原因が分からないだけに悔しくなるのです、かといって此処まで精密に仕上げてきて、作業を止めるわけにはいけません。
このデッキの特徴として船首部分のフォアキャッスル、船尾側のクオーターデッキそれを連結しているボート横のギャングウエイがありますが、片弦を板張りにし、片弦は板を貼らないでビームが見え、構造がよく分かるように配慮しています。
マスト穴の側にはアッパーデッキ、又はガンデッキから貫通したビット類がデッキの上に立っています。船首側には荷物などの積み込み用の小型キャプスタンがあります。

キットで船を作った人ならよく分かると思いますが、ビットというのは帆のロープ類を作業後ビレーピンに巻き付ける柱のような物です。これがキットの場合いきなり甲板に接着剤でくっつけます。強度を増すために金属線などを仲介にして接着することもあります。だけどこの辺をよく考えてみるとこの船は1/48の縮尺なのでこれを48倍の本物にした場合、デッキにくっつけた程度のビットで強度が得られるだろうか。たとえ本物でも体毎ぶつかると簡単に倒れてしまうのではないでしょうか。実際に私もキットのロープ張りをしている途中でビットが外れロープ張りが滅茶苦茶になった経験があります。悲しいことはこれが本物と同じ構造であると信じ込んでいる人がいるということです。何もいきなり甲板に着けたからこれは悪いといってるのではありません。
私の云いたいことはキットというのは形だけを追いかける模型であって、決して理屈のあった船では無いといううことです。だから多くのベテランは、本物の船の構造を知ろうと勉強します。本物の構造を良く知った上でキットを作るため、見かけ上は矛盾が見られないのです。

この模型ではあくまでも本物を追求しました。だからビットも手抜きしないでフォアキャッスルからアッパーデッキまで貫通し、太いビームに固定しています。もう一つこの模型船ではビットも含めて船には沢山の滑車が付いています。これらの全てを本物同様、滑車を付けたといううことです。キットだとか小さい船では現実に滑車を着ける工作余裕がないので穴だけ開けてあると云うのが殆どです。

キャプスタンの後ろに見えるのがギャレーハッチです。ハッチですから取り外し自由ですがこの模型では固定しました。このハッチには雨などが竈に入り込まないよう、又排煙も兼ねたフードが付いています。これは鉄道模型の技法を利用して、真鍮板で作りました。

ギャングウエイには脱落防止としてブレストレイルで保護している。荒れた海では命を助ける支えとなる。支柱の太さはもっと太くても良いかなと思ったが、模型で1mmでも本物なら50mmで1本だけで50人くらいは支えられそうだ。無理に太くしてオーバースケールにしなくても、見た目で細いと感じても縮尺に忠実を重視した。
ブレストレイルの支柱は真鍮の角棒から削りだしました。だから一体ものと言ううことです。強度は接着したものより抜群に強くなります。仕上げは黒に化学染色しました。