船底からアッパーデッキまで貫通したポンプがメインマストとミズンマストの側に6器あります。船底のビルジと浸水を船外に排出しますが、手押しというか、当時のことですから全く機械力はありません。恐らく沢山の人数で上下運動を繰り返したものと思われます。

ポンプは可動可能にしようとして計画しましたが、可動にしても狭くて動かすことが出来ないことが分かったのでソリッドで作りました。ただそれでも可動軸の部分だけは固定していないので本物のポンプの感じで動かすことが出来ます。

デッキを貼ってから装着すると工作が大変なのでオーロップを作っている最中に取り付けました。

 

メインマストの側に設置された4基のポンプ、アッパーデッキには操作部が見える
ミズンマストの側に2基設置されたポンプ、これもクオータデッキを貼ると見えなくなった