此処には殆ど器物はありません。此処は専ら艦長、及び一等航海士等の高級士官が入り、此処からは上部甲板での操船、人の動き、進行方向が掴めるので見通しの良い環境になっています。勿論トップからの通報で敵船の状況も観察します。

唯一器物といえば後部に薄い箱のようなものが2個見えます。これは鳥篭なんです。鶏が鳴きながら外側のレールの中の餌箱をつついています。こんな所にこんなものがあるのはフランス艦だけの特徴でしょうか。イギリスの船ではこのようなものは見たことがありません。

もう一つ艦尾には国籍を示す旗台があり、マストを差し込めるようになっています。本物の船は旗台があって旗のマストを差し込むのですが、多くの模型は此処もいきなりマストを固着してしまいます。要するに戦う姿勢を持った緊張を感じる設計にはなっていないのです。

良く旗が風で靡いている様子を表現したいと旗のサイドに針金を入れてそれを曲げ、それらしい感じにした船があります。一生懸命作ったのでしょうが、よく見ると汽船のように艦尾の方向に靡いている。帆は風をはらんで前走疾駆している。あれこの旗のなびきと帆の風の方向は正反対だよと云う笑い話が初期の頃良くありました。


プープデッキを上から見た


プープデッキは写真のように取り外しができる

プープデッキを取り外すとその下には艦長、航海士の私室と奥には艦長公室を見ることができる