<

 

船内の構造はサムソンポストという支柱をキールソンに立てることから始まりました。支柱にはオーロップの上に昇る足かけも彫られています。この支柱の上にビームを取り付けていきます。

この模型では内部を見やすくするためにビームは殆ど片弦にしか取り付けません。実船では当然両弦にまたいでいます。支柱に交差するようにカーリングを入れ込みビームの補強をします。

オーロップの荷物台を取り付けます。

 

オーロップの支柱を立てる

オーロップに床板張り付け

ガンデッキのビーム取り付け

メインマストのバリアも板貼り

ガンデッキにカーリングを入れる

ガンデッキのビーム取り付け完了

外板とかビーム材を鏝に当て熱で曲げる

ビームを図面のカーブに合わせて調整する