部品点数

良く聞かれる質問ですが、部品点数はどれくらいになるんだろうか。実は数えたことはありません。多すぎて見当がつかないのです。
大体大まかに数えてみると次のようになります。

部 品 名
点 数

フレーム関係(メインフレームは61枚)

1280

カントフレームとトランサム、キール周り

69

外板(ブルワークも含む片弦だけ)

300

外板に打った鋲(勿論これも片弦の場合)

9200

オーロップ構成材

693

樽とバラスと

4620

ガンデッキビームと桁と甲板

737

全デッキの木栓

10256

ガンデッキの大砲回り

1910

アッパーデッキ

917

アッパーデッキの大砲回り

2030

クオーターデッキ

460

ボート

228

プープデッキ

157

バウとスターン

642

合 計

33499

カウント不足が大分あると思いますが、いずれにしても素材を切ったり、削ったり、くっつけたり、塗ったりと部品一個一個に手が加えられているのです。

纏めて結果を振り返ると何と馬鹿げたことをしてきたのかなと云う気持ちと、「やったー」という気持ちが倒錯し喜んだり、悲しんだり、これが模型作りの醍醐味でしょう。

 

製作履歴

製作履歴を纏めてみました。記録内容はその項目を終了した時点の内容です。

 記 録 内 容
年・月
積算時間

構想を纏める

1981.10

0

図面作図

1982.01

75

フレームとキールの型紙作り

1982.03

142

フレームとキールのカット

1982.07

321

TVK取材、約1ヶ月製作過程を放映

1982.05

フレーム組立

1982.09

419

船体構造組立

1983.01

614

外板貼り

1983.04

780

外板釘打ち

1983.10

1、032

樽作り

1984.05

1、275

オーロップ

1984.08

1、539

メインデッキ

1984.10

1、700

大砲の砲身作り

1985.05

1、920

アッパーデッキ

1985.08

2、160

クオータデッキ

1985.10

2、320

大砲組立完了

1986.06

2、578

ボート取り付け

1986.09

2、753

クオーターデッキと小物取り付け

1987.04

3、143

スターン回り

1988.05

3、618

各デッキの小物取り付け

1989.04

4、114

バウ回り整備

1990.03

4、163

船台

1991.02

4、327

マスト作りを諦め、船体のみ完了

1991.10

4、526

NHK第1放送で対談

1998.03

さらりと製作記録を表にしましたが現実は各作業がオーバーラップしたり、休憩したりと時間の割り振りはかなり複雑です。この間ザ・ロープと横浜帆船模型同好会に作業途中の姿を又完成後は銀行、ホテル、商店等の依頼で何回か展示会に出品しました。又NHKテレビ、各民放TVにも作品が紹介されました。