普通キットの場合、キールは1枚板で出来ていることが多い。実船では多くの木材ブロックの組み合わせになっています。

今回の作品ではキールの芯になる板にブロックになる板材を張り合わせて、本物らしく、つなぎ合わせました。

キールの一番底になるファルスキールも貼りつけました。外観上は実船と同じといううことです。

キールに連続したヘッドも沢山のブロック材で構成してあります。この辺も資料に忠実に実現しました。まさに模型といえども、その構造は本物とそっくりに作ったつもりです。

ここで驚いたことは、キットしか作った経験がないのでキールとヘッドは1枚板で出来ていると単純に考えていました。本物はキットの模型のようにキールとヘッドは連続していないと云うことでした。キールが出来た後ヘッドのブロック材を丹念に1個1個形を作りながらくっつける作業が多くの仕事量を伴って待っているとは予想外でした。

出来上がった結果を見るとヘッドは本物らしく堂々とした姿を現したのでスケールモデルの実感をいやと云うほど感じさせました。