キールを作る

キール材も交互に貼りつけた板材を使います。これだけ大きい船になると一枚板も少ないが、まして本物の船ともなると一枚では出来るわけがありません。本物と同じように板材を張り合わせました。材料はフレームと同じ朴材を使用しています。

この組上がり材に図面を重ねフレーム同様カットラインを描きます。それを糸のこでカットします。この辺は形は違ってもフレーム加工と殆ど同じ作業です。

キールにフレームが入る溝を切り込むので仕事量はいやになるほど多いのですが、この辺は根気との勝負になるでしょう。

次ぎにキールのフレームカットと同じ位置に溝をカットしたキールソンを作ります。今まで多くの作品を展覧会で見てきましたが遂にキールソンの存在がはっきり表現してある模型にはめぐり会えませんでした。ところがキールソンは船にとって、とても構造的には大事な部品でこれがないと強い船にはなり得ません、こんな所でもこの作品では手を抜かないことをモットーに実物通りの構造でフレームをキールとキールソンで挟んだ本物の模型を作り上げました。

フレームとキールの組み合わせは1箇所毎に微妙に違ってくるのでこれの調整は最も苦労したところです。


フレームの底にキールに入る溝を掘る

 


キール組立済み