図面から型紙に転写

図面で描いたフレーム図から、型紙に図を写します。

これも色んな方法があると思いますが、私の場合は図面の下に型紙の用紙を入れ、図面のカーブを辿りながらコンパスの針先で押しつけます、針の後が点々と型紙に残りますので、作図通り自由雲形定規で線形に変えていきます。

シンメトリーに型紙を

図面のフレーム図は片側しか書いてないので、型紙の半分にプロットし、中心部分を折り曲げて、ラインに沿ってカッターナイフで切り抜きます。こうすると型紙を広げたときシンメトリーにフレームの形が出来ます。

このままではフレームの内部がキットのフレームのように全部残っています。本物の船のようにキャビンを作ることが出来なくなります。スケールモデルを目指し、内部構造も表現したいとしている以上これではどうにもなりません。

フレームの内部ラインをカット

このフレーム型紙を使いフレーム内部の形を描きます。実はこのフレームの幅を精密に書いた図面が全くないのです。ブードリオの本4冊を隅々まで見ました。一部船体のカット図があって大体船底側は広く、上部の方に従って狭くはなっていますが、寸法としての表現はないのです。

フレームの前後を型紙で

適当に自分で決める他ありません。カット図から割り出した寸法で、型紙に反映しました。ここで問題にきずいたのですが、船体の前の方と後ろではフレーム1個の形も違ってきます。船体の中央部ではそんなに違わないのであまり気を配ることはありませんが、特に船首、船尾に近ずくほどフレームのカット面に傾斜がつきます。結局型紙としてフレームの前側と後ろ側のフレーム図を描いてフレーム1個に2枚のフレーム図と型紙を作りました。