船首部分のフレームです。図面を見ても大変複雑な様子をしています。イギリスの船などは割と簡単な構造なので理解しやすいのですが、高度な造船技術を誇っていたフランスでは、強度環境等に耐えるためか、非常に複雑です。その形が理解できない限り図面も書けないし、形にすることもできません。

初めはブロック材から削りだし、鋸でカットしようかと考えてみたのですが、カットでは切りしろが出る、図面を見るとフレーム間の隙間は全くない、それに切りしろが出たのでは変形してしまう。

結局オーソドックスに1個1個のフレームを作りながら隣のフレームと張り合わせ、形をチエックするという手法にしました。

これが大変でフレーム1枚毎にカント(傾斜)が付いています。この角度次第で次のフレームと繋がりません。試行錯誤を繰り返し結局3回失敗して4回目に漸く使える物が出来ました。

 

カントフレームのカントを精密に決め、重ねて接着する

大きめのカント材を接着し船首カーブに合わせて削る

凹凸を整形し、仕上げ磨きをする

船体にカントフレームを取り付ける