本当はいろいろ板を貼る順序があるようですが、又参考書にも書いた物がありますが、私はすべてこれを無視しました。そしてウエルからと船底から順に板を貼っていきました。

貼る板は市販の板を買って製材し、厚さ3mm、幅9mmの物を大量に揃えました。

船を見て分かるように船首の方と船尾側は真ん中の部分より板材が狭くなっています。これはフレームの貼り付け部分の長さを配分した寸法になるまで板材を削って、調整します。

船首と船尾の板はカーブを付けます。船が大きいので急なカーブがなく曲げやすいのですが、それでもかなりカーブの付いた部分があります。これはイタリー製のアイロン式曲げ鏝で板に熱を加えて曲げています。

但しこのように外板を貼ったのは左弦だけで、右舷の方はコンストラクチャーモデルとしているのでフレームが露出したままにしております。

この船は外板だけでなく船の内側も板が貼ってあります。倉庫の荷物で船体を傷つけない、ビルジを貯める等、色んな目的があるようです。勿論ここでも手抜きはしないで、内側の板も図面通りに貼りました。

 

片弦だけだけど外板貼りが始まった

ウエルからキールの方へ順に貼っていく

後少しになった、ここからは船底から貼って寸法の辻褄を合わす

船体内側にも板を貼る

船底の板貼り状況