何で削ろうか

部品作りとして障害になったのは大砲の砲身です。木で作ろうか、塗ったり表面加工をしたら材料は何でも良いだろう。然し木にしても、金属にしても削るのをどうしようか、砲身にはテーパーが付いています。丸く削るだけでも大変なのに、テーパーとは、絶望感に襲われました。次ぎにどんな道具を使うかということです。ハンドドリルをぐるぐる回しながら鑢を当てて削ろうか、この方法は昔鉄道模型を作っていたときに良く使った手法です。一寸実験試作をしてみたがうまくいきません。ここで暗礁に乗り上げ、しばらく模型作りを休憩しました。

旋盤を買う

やはり機械だ、考えたり悩んでいても埒は開かない。丁度会社の研究室に試作部品用として小型旋盤を買うということで、カタログ資料があったのを見つけました。小型旋盤ではテーパー削りが上手くできる様な旋盤はあまり見られません。その中で酒井カメラが作っている時計旋盤には別売りだけどテーパー削り用ジグの付いたものがありました。これだ、見ただけで決定、明くる日に銀座まで出かけ伊東屋さんの仲が良かった販売担当者と折衝、バイトとかアクセサリー類を纏めて一括購入しました。74門艦の出費でこれだけが群を抜いたのは当然です。模型の材料費より余程高くつきました。

期待のテーパー削り

旋盤は会社でも使い慣れており、そんなに工作に抵抗感はありません。真鍮の丸棒を買ってきて取りあえずテーパー削りをやってみました。何と快適に削れるではありませんか。買った真鍮棒の材料はJIS規格の快削黄銅棒に該当するものでした。砲身の前と後ろではテーパーの傾斜が違います。又途中にはリング状のバンドがあります。この辺は工作の腕による表現と言ううことに尽きます。砲の先端部分はくびれています。ここの表現はカーブになっているので旋盤を回しながら鑢で削り整形しました。

大砲の先端はすなをに円筒状に削る

砲身は期待のテーパー削り

くびれを鑢で整形、いずれも快適に作業は進む、どうやら旋盤工作にはまりそうになる。