<

 

大砲の打ち出し口ですが、四角い穴になっています。この模型では左舷を板貼りして外側は実船並に作りましたが、ブルーワークの外板をフレームの角穴に沿ってドリルとカッターナイフで抜きながら整形します。

クオーターデッキとアッパーデッキの大砲にはガンポートに蓋はありませんが。ガンデッキのガンポートには蓋があります。

蓋は殆ど正方形に近いのですが微妙に角度が付いています。この辺は現物合わせをしました。これも1枚の板ではなく何枚かを重ね合わせ表は外板と同じ材料で化粧貼りをしています。板材は釘を沢山打って船内側にその頭が出ています。図面をよく見るとくぎの頭は四角だったのですが、そこまでは出来ないので丸線を打ち込んでそれらしく見せました。

釘は1枚のガンポートの蓋に78本、蓋は片弦だけ取り付けたので14枚、これで計算すると1100本釘を打ったことになります。

ガンポートの扉は船体にヒンジで固定されています。このヒンジが又優雅なデザインで、緩やかなカーブになっています。この辺も実船通りに作りたかったので、持ち前の金属工作の仕上げ技法を使って1個ずつ削りだしました。取り付け穴はすでにフライス盤を買っていたので、これで寸法を決めながら穴開けをしました。ヒンジの元は丸く穴が開いています。これは真鍮パイプを銀鑞付けして本物らしい形にしました。

どうしても実船に近ずけたいという意欲がみなぎっています。ガンポートの蓋といえども手抜きは出来ません。24枚の蓋を作るのに3ヶ月もかかってしまいました。

 

ガンポートの蓋だけで約100個の部品を組み込んでいる。

ヒンジは真鍮のパイプと線を加工し、ヒンジ板とパイプとは銀鑞付けで接着した

ガンポートの蓋を閉めた状態、蓋付きはガンデッキだけで、アッパーデッキ、クオータデッキのガンポートには蓋がない

ガンポートの蓋を開けた様子