ガンポートの穴は四角です。丸穴と違って当然1回で開けることはできません。3mmくらいのドリルで四角に描いた枠の中を、連続して穴を開けます。その穴を辿って枠の形にカーッターナイフで切り込みを入れますが、切り抜いた後は切断面ががたがたです。これを鑢で整形し四角い形に整形します。

良く模型を始めたばかりのビギナーはもし間違えて穴を開けたらと大変緊張されるようですが、このようなコンストラクチャーモデルの場合は修正がどうにでもなります。削りすぎたらその部分を補填する、勿論削り足らないと削ります。

この辺がキットと違うのは穴を開けた後に枠木をはめ込むので、コーナーが自然に角張ることです、鑢仕上げだけだとどうしてもシャープな角が出ず、丸みを帯びた不自然な穴になりやすいのです。

74門艦ですから74個の角穴を開けます。同じ作業が続くと本当に途中でいやになることがあります。そのとき完成した姿を夢に描くと、又心は躍り、腕が鳴り出します。模型作りといううのは終始この繰り返しで作品を作っていくのです。

 

ガンポートの四角を鉛筆で描き内側をルーターで多数の穴を開ける

穴開け中の拡大

穴に沿ってカットする

ガンポートの穴の切り口を鑢で仕上げる

綺麗に整形したら穴の回りに木枠を入れ込む

ガンポート作業完了