表面はでこぼこでも何とか船らしい形になってきました。ここでフレームを整形してみましよう。これは全くの筋肉労働です。恐らく歳がいくとこんな作業はできないだろうなと、体と心の負担が重くのしかかってきます。楽をしようと思って電動サンダーを持ち出したがあまりにも威力が凄すぎて、整形どころではなくなりました。やはり私の腕に合わせてのんびりサンドペーパーで磨いていくことにしました。 

フレーム全体を円滑なカーブが出るようにサンドペーパーで磨きます。

これがそんなに難しい作業ではないのですが、時間がかかる、力がいる、済んだ頃はへとへとになっているという重労働なのです。だからスケールモデルを作ろうと思うと年齢制限が必要になるかも分かりません。

作り出した頃は50代前半の年齢だったので、体力は絶好調、あまり衰えを感じたこともありません。船体を動かすだけでも、重くなった船体では負担がかかります。にもかかわらず好きなことと云うのは何事も超越出来るのでしょうか、あまり負担と感じたことはありません。

当時お年寄りでスケールモデルを作っていた人は外国のスケールモデルを見て、殆ど大きい模型が多い、こんな大きい模型を作りたかったけど体力が付いてこないで残念だと、本当に残念そうでした。

完全に整形した後、最初に2本のウエルを取り付けます、後の板貼りの基準になるので、此処は慎重に丁寧にフレームに取り付けます。

ウエルの上にやはり2本フォースウエルというのがあります。これとその上にあるシアーストレイクも貼りつけます。クオータッデッキとプープのドリフトレールも取り付けます。
ドリフトレールには中央に溝が切り込まれていますが、模型では3本の木材を組み合わせて表現しました。

この辺でキールソンを接着取り付けします。大体船の形になってきました。此処までくると毎日スターンからバウの方を覗き眺め、そのカーブの美しさに堪能しました。


大変な力仕事、模型作りでなかったら放りだしていたであろう