左舷の外板を張り終わり、キールもほぼ完了したとき、この模型で最大のイベントがやってきました。最初のコンセプト通り船内の構造を知るため、右舷のフレームをカットして内部が見えるようにするということです。

フレームは1個くらいカットしても内部を見ることが出来ないので、かなり大きな開口部となります。どのようにしてカットするか、これこそ失敗すると再現性がないので、今までの作業は全て白紙に戻ります。

まず切る方法ですがドレメルに回転鋸歯を付けてカットするか。糸のこを入れ込んでごしごしこするか。それにカットした後、開口部をフレームのブロックで自由に取り外しをしたいという考えもありました。

本当に悩みました。2,3日悩んで遂に覚悟を決めたのです。その方法はピラニアン鋸(スエーデン鋼で出来ている歯が極端に薄い鋸です)これを最初カットするフレームの最初の部分に接触させたときは工事の無事を神に祈りました。ゆっくり、ゆっくりウエルの下側の線に沿って切っていきます。何とかライン通りに切れているようです。ウエル側は全て上手くカットできました。

次にも問題は待ち受けています。キール側のカットが残っています。ウエル側と同じようにピラニアンでおそるおそる切り始めました、この時感じたことですが、こんな大事な仕事は決して急いではいけない、本当にゆっくり作業を進めました。鋸の切り跡が少しでも曲がっていると、それをガイドに鋸歯が進むので直ちに方向転換が必要です。

精神的なプレッシャーも十分に受けて少しずつカットしました。やっと切れた。外れたブロックを開口部に戻してみました。ぴったり合います。成功だ、この日はここで作業を済まし、一人で祝杯を挙げたのですが、明くる日立ち上がれないほど二日酔いになっていました。

 

はっと息を止めてフレームカット、勇気と技術の結集が結果を出してくれた

カットをした様子。内部が大きい開口部でよく分かる、開口部は3箇所に及ぶ

カットしたフレームを纏めて、開閉ヒンジを取り付ける

カットしたフレームを船体に差し込むとカット面は殆ど見えず、自然な感じを保っている