カットし、整形したフレームはキールに順番通り取り付けます。フレームは荒削りのままなので凹凸は目立ちます。これをあまり気にしないで、後で整形するのでフレーム内側を連結材料で接着します。フレーム同士のスリットは3mm丁度なので檜の角材を挟み込んで位置を決めました。

 

前のフレームから間隔を保ち、スリット材を入れて、フレーム内側を補強剤で仮付けする

補強剤を接着した。

フレームを重ねて後ろに伸ばす

大分フレームが重ねられた

全体のバランスをチエックする

フレームの外側はがたがただけど後で整形する