フレームのカットは成功しましたが、これを本体に着脱させないといけません。どんな方法を採るか、これも難しい問題です。

カットしたフレームの下側にフレームからはみ出すように丸棒を接着しました。この丸棒が本体のフレームに当たった部分を丸く削り丸棒が上手く収まるようにしました。

これでカットしたフレームを本体に付けたところ、なんとピターとフィットします。フレームのウエル側は真鍮線をストッパーとして入れ込みました。

カットしたフレームを本体に取り付けてみると、余程よく見ないとカット面が見えない、これは大成功です。何が嬉しいかと云いますと、展覧会に出したとき何気ない動作でフレームカットを外すときお客さんはびっくりしてくれます。何とも云えない快感です。

モデラーの多くは自分でこういうポイントを多く作って自己満足するか、見せびらかすか、いずれにしても子供らしい喜びによく似ています。

 

カットしたフレームを船体に装着

カットしたフレームをオープン