フレームの作り方

今まで多くの資料を見てきたが、フレーム作りも色んな方法があって、これだけでも詳しく説明すると数十頁になると思いますが、そのうち代表的な物を紹介しましょう。私なりに勝手に名前を付けたので適切かどうかは保証の限りではありません。

1.ピース組立

非常にオーソドックスな手法ですが、フレームというのはいくつかのピースを組み合わせて作られています。大体フレーム図に各ピースのカット図はありますが、これらを省略し、手抜きして一枚の材料から切り抜く場合もあります。本格的なスケールモデルになると、資料通りにピースを作る必要があります。特に74門艦のフレームは2重貼りになっています。各ピースを交互に貼りつけ一つのフレームを組み立てます。

2.アフターカット

船底の基準ラインとアッパーラインを予め決めます、基準ラインを元にフレーム図を描き実際のフレームよりもアッパーラインまでは平行にフレームを伸ばします要するに上下のラインを固定にしたままのフレームが出来ます。これを組み立てた後ブルワークのラインにそってカットします。

3.ラミネート

フレーム型を少し内側にカットし、フレーム型に沿って板を曲げ、何枚かを張り合わせ、後で細部の形を削って成形します。これは多少インチキ工法で本物の船ではこの方法でのフレーム作りは全くありません。

4、ブロック合わせ

先にカットラインに相当する角度でカットした板を交互に貼りつけます。1個のフレーム材が出来たところで型紙に合わせてフレームラインを描き、ラインに沿って糸のこで切り抜きます。74門艦のフレームは合計でカントフレームを除き62個になります。私はこの方式で作り上げました。