外観だけを強調した模型では見ることが出来ないが、本物の船の船底には色んなフック材で船体を補強しています。

勿論それぞれ形は違いますが、船首部分と船尾にかなり大きいフックを取り付け補強剤にしています、スターン側は、長くて柳眉なフックが入っています。

またまた驚いたのですが、船体内側にも所々フレームがあったのです。然もそのフレームはマストのフックも兼ねていてマストはカーリングという板とフックで作られた四角い枠の中に入り込むようになっています。四角い中にマストを入れるというのは全く予想外でした。

これで漸く本当のことが分かりました、今まで船に詳しい人にマストは本物の船ではどのように固定しているんですかと聞いても明快な回答は得られませんでした。又キットだけを作っていたときはマストの丸棒をベニヤ板の切り込みに入れるだけで、どう考えてもこんなことで本物の場合、嵐何かに耐えられるわけがないと、帆船にとっては最も重要な部分を知ってる人が少なかったのです。

帆船模型作りの名人といわれるような人も多くいて工作には名人ですが、実船の知識はそんなに高くはなかったのです。

実船の場合マストを固定するのは、マストよりかなり大きい船底の四角い枠の中にマストを入れテーパーの付いた木片の楔を6枚とか10枚ハンマーで打ち込みながら固定しています。これならどんな大嵐が来ても大丈夫で理屈にかなっています。この辺の様子もこの模型では全て再現しましたので今までの疑問は作ることでも実感を持って解き明かしたことになります。

さっきの打ち込みようの楔ですが頭にリングフックが付いていてマストを外すときも楔を簡単に外せるような配慮がされています。実に本物は色んな所に操船効率を考えた構造になっていたのです。まあ私たちがのんびり模型を作っている気分と、これから命がけで戦うんだという姿勢は違っていて当然でしょう。