logo-e

現在位置 : ホームの中の イベントの中の研究会の中の研究会ダイジェスト

ken-dj
2019年12月7日開催


◎製作事例:H. M.Sペガサス(その2)

伊藤(正)さんから、前回紹介された「H.M.Sペガサス」の製作事例の続きで、特に失敗事例を中心に苦心した点などの製作事例が紹介された。

(1)失敗事例
①バルクヘッド「つの」の処理
・最初は、見えるところのバルクヘッド「つの」の部分を化粧張りで加工したが、帆船模型製作「ガイドブック」にはこの「つの」は切り落として、ブルーワークを内貼りすると記載されている。
・甲板を化粧張りした後でバルクヘッド「つの」を切り落としたため、甲板上に切り跡が残ってしまった。この切り跡はウォターウェイを貼ると隠れてしまうと考えたが、甲板よりウォターウェイが上にあるのはおかしいと気づいた。
・バルクヘッド「つの」の処理の手順を間違えたミスであった。正しい手順は、①バルクヘッド「つの」の切り落とし ②ウォターウェイを貼る ③甲板の化粧張り ④ブルーワークの内張り、の手順であった。

バルクヘッド「つの」を化粧張り

バルクヘッド「つの」の切り跡

ウォターウェイの貼付け


*冨井さんのブルーワーク、ウォターウェイの製作方法
・冨井さんから、ブルーワーク、ウォターウェイの構造を説明されたあと、ブルーワーク、ウォターウェイの製作方法が紹介された。
・予め、ブルーワークの「つの」の部分を1.5㎜~2㎜厚位に切り落とし、フレームとフレームを間にバルサ材を貼り付け、ブルーワークを内張りする。
・手順は、ブルーワーク、甲板貼り、ウォターウェイの順で行い、ウォターウェイは三角材を貼り付ける。

ブルーワーク、ウォターウェイの構造図

フレーム間のバルサ材


*その他意見
・キットか、構造模型か、製作方法によって異なる。
・製作する船の年代によっても異なる。

②トップ&バット
 甲板の両端4列及びメインウェルはトップ&バットで製作した。メインウェルはトップ&バットで加工した板材の角を落とし、貼り合わせの状態が目立つように工夫した。
 しかし、トップ&バットにおいて板材を変形5角形に加工する際、板材の端の高さが一番高いと所と1:3にするのを1:2で加工してしまった。だが、見た目ではよくわからない。

トップ&バットで加工したメインウェル


③銅板貼り
 銅板貼りについては、会のホームページの談話室やメールを通じて、多くの人に教えて頂いた。その概要をまとめますと次のとおりであった。
(イ)下地処理
 大部分の人がサンディング処理をする。その他、砥の粉を塗る。クリアーラッカをスプレーする。
(ロ)使用接着剤
 ほとんどの人が瞬間接着剤を使用。半分以上の人がゼリー状の瞬間接着剤を使用していた。このゼリー状の瞬間接着剤は圧着すると接着剤がはみ出る欠点がある。その他、ゴム系接着剤(乾くのが遅いため隙間調整が可能)、両面テープ(貼り直しがきかない)を使用した人も一人いた。
(ハ)貼り方
・一枚づつか、帯状のものをまとめて貼るか、悩むところだが、キットの入っていた銅板はシート状のもので一枚づつ、または帯状に切り離すことができたので、貼るところにより使い分けた。
・突合せ貼りより、重ね貼りをした人が多かった。しかし、重ね貼りをした場合、重なった部分が分厚くなるので、今回は突合せ貼りで製作することとした。
・突合せ貼りの問題は、曲線のきついところは隙間が空いてしまう。この隙間を隠すため、下地に銅色の塗料(アクリル塗料タミヤカラー・ダークコッパ)を塗り、銅板をサラサラの瞬間接着剤で貼り付けたところ、軽く弾くと銅板が取れてしまった。塗装材の相性もあり、下地にラッカー塗料もぬれず、ゼリー状の瞬間接着剤で圧着することとなった。下地に銅色のアクリル塗料を塗ることはお勧めできない。

銅色の塗料を塗った下地処理


*その他銅板貼りについての意見等
・キットメーカー「ビクトリー・モデルズ」の良い点は、銅板が左舷用と右舷用の2種類があり、それぞれの舷のパターンの丸リベットがエッチング加工された凹で打ってある。
・銅板はどこまで貼るのか? 喫水線より上か、下か。
 喫水線より1枚分上まで貼る説(田中さんより)と喫水線から1フィート下に貼る説(冨井さんより)がある。
・瞬間接着剤の使用について、ゼリー状のものと液状のものを混ぜ合わせて粘度を調整する方法もある。(古川さんより)
・ファルスキールの取付は、銅板を貼る前か、後か、教えてほしい。

④ラダーティラーロープ
 ラダーティラーロープの取付の間違えで、正しくはトラムの真下に滑車があり、ロープはそこを通して取り付けられている。

間違った取付のラダーティラーロープ

正しい取付のラダーティラーロープ


⑤最前部の砲門
 ホームページの談話室で最前部の砲門(ブリドル・ポートまたはブライドル・ポート)に大砲は設置されていない、と指摘された。

最前部の砲門に大砲を置いた場合。真横に撃てない

最前部の砲門に大砲なし。通常はここには砲は置かない


*敵艦を追跡するときに、小型砲を設置する砲門であるとの説もある。(チェイサー・ポート)

⑥マウスの向き
 今回の展覧会で、メインスティーのマウスの向きの間違いを指摘された。メインスティー等のマウスの向きは、バランスをとるため、マウスの向きは、右向き、左向きになっているのが正しいと指摘された。

マウスの向きは同じ(間違い)

マウスの向きは異なる(正しい)


⑦艦載ボート(ピネース)
 ホームページ談話室に艦載ボート(右の写真)を投稿したところ、下記の間違いを指摘された。
(イ)オール受けの位置
(ロ)「ピネース」はクリンカー張りをしていない。
(ハ)クリンカー張りの貼り合せが逆。
(二)艦載ボートはラダーは取り外してある。
(ホ)後部の立ち上がっている部分にフレームがあるのはおかしい。

艦載ボート(ピネース)


*ボートの構造や製作方法については、資料集第2巻に詳しく記載されているので参考にしてください。(冨井さんより)

(2)教えて下さい(談話室での議論や製作中に出てきた疑問)
①ラットライン、フットロープ及びランヤードのロープの色は
 ラットライン、フットロープ、ランヤードのロープは黒色か、白色か、多くの帆船模型は黒色ロープで製作しているが、ランヤードは黒色、白色が半々である。(故白井さんの書いた本では黒ロープを使用すると記載されている。)
 実際、ラットライン、フットロープにタールを塗ったら足がすべってしまうので疑問である。本当はどちらか教えてほしい。
*模型製作上、スタンディング・リギングは黒色、ランディング・リギングは白色に区分けして、見栄えを良くした。
*実際では、オイルステインのような防腐材を塗布していたと思われる。
との意見があった。
②アンカーの留め方
 船が停泊中の時、アンカーは海中に下ろされている。ところが多くの帆船模型ではアンカーが甲板上やチャネル上に止めてある。ここが疑問である。
*船は岸壁に係留する時もあり、この時は甲板上等にアンカーを引き揚げて置く。
*帆船模型製作上、見栄えを考え、艤装品等の配置を工夫している。
との意見があった。
③クロウズフィート
 クロウズフィートは、トップのふちの上からか、下からか、真ん中から出ているのか、教えてほしい。資料を調べてみると、いずれのケースものがあった。
*クロウズフィートがトップの下から出ている船は、18世紀後期のアメリカ船に多く見られるので、当時のアメリカ船の特有のものではないか。
*クロウズフィートは、トップヤードやトゲルンヤードの帆がトップやロアヤードに絡み付くのを防止する索具である。

クロウズフィートが上から出ている

クロウズフィートが下から出ている


④アンカーブイの色
 帆船模型では、アンカーブイの色は、赤色、白色、青色、黒色などさまざまである。実船では何色の塗っているのか教えてほしい。
*実船では、アンカーブイはコルク材を貼り合せて造っており、これに黒いタールを塗ってある。

(3)おわりに
 「H.M.S.Pegasus.」は、製作期間3年くらいかかっている。この間、知識、製作技術は向上してきました。これは、ホームページ談話室への投稿により、多くの方の御教授、アドバイスのお蔭です。
 今後とも、談話室への投稿を行っていきますのでよろしくお願いします。

◎シリーズ:500年の航海技術(第14回)- 八分儀(その2)

戸田さんから、シリーズ「500年の航海技術」(第14回)の八分儀(その2)について紹介された。
 ・八分儀で測った高度は補正が必要だった。インデックスエラー、水平線、屈折、そして月や太陽を測る場合には高度の視差と半径がその主なものであった。
①インデックスエラー
 ミラー測定器に多い欠点はインデックスエラーだ。水平線を観察するときに直接観察された水平線と鏡に映っているそれが一本の真っすぐな線に見えるように八分儀は垂直に持つ必要がある。
 インデックスエラーの大きさは二つの画像を重ねて測ることができる。度の円弧の「0」とアルヒダーデの補助スケールの「0」の差がインデックスエラーだ。
②水平線距離
 海上で星の高さは、その星の垂直円から水平線(又は地平線)までの距離を測る。海面からの目の高さによって水平線が遠くに見える。水平線までの距離は空気や水の温度、波の高さによって1分以上の差が生じるから、海上ナビゲーションでは分単位の計算で十分だ。放射状屈折は正確に測ることができないから水平線測定は正確にはできない。
③屈折
 うすい層からより厚い層に移るときに光は曲がる。天体から光が地球に届くまでいくつかの厚さの違う層を通るので段々その曲がりが強くなる。そのため天体の星は実際より高い位置に見える。従って、その屈折を差し引かなければいけない。空気密度は気温と気圧によって常に変わるためその計算は難しかった。19世紀初頭には「平均屈折値」の表が作られていた。例えば、太陽の直径は32分だから、太陽の一番下の部分が水平線上に見える時は、本当は太陽はもうすでに水平線から消えている。光の屈折があるからまだ人の目に映るだけだ。
④半径
 実際の高度(高さ)はその天体の中心部に合わせる。恒星は大きな望遠鏡でも点としてしか見えない。だからそれらの星の中心を基準としていた。だが、太陽と月の場合は天辺と底辺しか観測できなかった。だから太陽と月のそれぞれの半径を割り出して、計算を修正する必要があった。
 毎年出版された航海術案内書に「真の半径」は地球中心から見て天体の半径の角度だと書かれていた。
⑤発達
 初期の八分儀には背面観察するために左半径にもう一つの、小さな穴ともう一枚の小さな鏡を施したディオプターがあった。使うときに観察者の背面に太陽があり、太陽の高さを彼の目前に観察している水平線で計算できた。視界が悪い天気でも高度計算が可能だった。もっとも便利な使い方は碇を下ろしている未知の海岸で緯度を測定したい時だった。
 しかし、19世紀からはこの形の八分儀が造れなくなった。初期の八分儀の特徴はとっても大きな50cmの半径だった。柘植か象牙でできたスケールを正確に彫るためにそのぐらいの大きさが必要だった。
 1773年にJesse Ramsdenが「目盛り刻印機」を発明してからは機械でどんな半径でも正確に目盛りを描くことができたから、八分儀の大きさは19cmから30cmまで寸法が変わった。もっと小さな八分儀は陸上の測定に使われた。アルヒダーデも木材から部分的またはすべて真鍮で造られるようになった。真鍮は木材と違って歪んだりしないから測定がより正確になった。
 Hadleyの特許が切れる1745年ごろからリンバスも変化した。リンバスにノニウス(バーニア)が付けられた。ノニウスの語源はPedro Nunezだ。彼が1542年に細かいスケールを表す試作をした。ノニウスを八分儀に付ける提案はCristoph Claviusが「Geometria Practica」で1611年にした。1631年にPierre Vernierが四分儀のアルヒダーデにClaviusが提案したノニウスを付けた。
 ノニウス(バーニア)とはアルヒダーデに付いている補助スケールで、10分の1単位を読み取ることができた。内で計算を終わらせた。
 ディスク状のディオプターの代わりに18世紀末頃レンズなしの筒状のディオプターが紹介され、そして更に19世紀にそれが望遠鏡に変わった。
⑥当時と今日
 18世紀後半に八分儀の船乗りへの受け入れはゆっくりだった。新しい機器に対して偏見が強かった。船乗りたちは今まで通りの不確実で不完全な道具を手放そうとしなかった。
 19世紀に数多くの八分儀が製作された。今日でも良いものを手に入れることができる。
 18世紀半ばに六分儀が現れたが、1925年までドイツでは八分儀の検査が行われていた。

小数点以下を表記した最初の人

19世紀の八分儀

1/10単位を読み取る補助スケール



back

toTop