logo-e

現在位置 : ホームの中の イベントの中の研究会の中の研究会ダイジェスト

ken-dj
2019年2月16日開催


◎船体上下二分割建造法による構造模型

濱中さんから、イングランドの100門艦「ROYAL WILLIAM(1719)」を船体を上下二分割にして製作した構造模型の製作事例が紹介された。
 *テキストは、PHILIP REED著「BUILDING A MINIATURE NAVY BOARD MODEL」(船体上下二分割建造法の手引書)
 *この建造法は、従来法による構造模型に比べ格段にシンプルな製作法なので、その妥当性を検証した。その結果、構造模型部分の製作は、約2ヶ月(263時間)で完成でき、従来の構造模型に比べ格段に早く製作できることが実証された。
 *スケールは約1/172で、全長約400㎜のミニチュアーモデルである。製作要領の概要については、次のとおり紹介された。
(1)下部船体の製作
 ① 側面図とDECK PLANを作図。BODY PLANはテキスト添付図を使用した。船体下部(フレーム部)と上部(プランキング部)の分割線を決める。

側面図とDECK PLAN


 ② フレームの材料を大まかに切り出し(図面のステーション位置に当たるフレームはBODY PLANどおりに切り出す)、前後に並べる。このとき上部中央にスリットを入れておき、フレーム同士を3点で接着する。製作台のガイドにスリットを合わせながら左右のブレを防止する。フレームをすべて並べたら前後端部から圧着する。

切り出したフレーム


 ③ BODY PLANどおりに切り出したステーション位置のフレーム(下の画像で「SS」と記されたフレーム)と前後のフレームがスムーズに繋がる様に船体の外側を削る。(電動サンダーがあると作業のスピードアップが図れる。最終仕上げは手作業で微調整する。)

フレームのフェアリング


 ④ 船尾端をファッションプレート材が接する角度に削る。船尾端部のトランサム、ファッションプレート材を接着し、その後サンディングして成形する。

船尾のトランサム等


 ⑤ フロアとファトックが重なる部分をマスキングテープで位置決めし、エンピツでマーキング。上面にフレーム番号と黒と赤の斜め線を交互に記入し、順番を間違えないようにしておく。

ギャップ(フレーム間の空間)の位置決め

フレーム順番を間違えないように、上部に黒と赤の斜め線を交互に記入する


 ⑥ 接着してあるフレームをいくつかのブロックに分割し、ブロック毎に接着した3か所をドリルで穴あけしてフレームをばらす。ばらしたフレームはカットする部分を色分けしておく。色分けしたカット部分にノコ目を入れる。ノコ目とノコ目の間が「ギャップ」となる
 ⑦ フレームのフロアとファトックをペアにして接着する。すべてのペアを並べて、船首尾から圧着する。

フロアとファトックの接着


 ⑧ フレーム1組毎に内部をくり抜く(ドリルで複数の穴をあける)。スリットを入れた上側は前後フレームを一体化させる時のガイドとするため、この時点では左右連結箇所(トランスバースティンバー)として残しておく。内部をくり抜いたら順に12フレームずつ接着して「ブロック」を作る。ブロック内部をさらにサンディングして滑らかにする(マイクロベルトサンダーがあると便利)。

フレーム内部のくり抜き

12フレームずつを1ブロックにして接着


 ⑨ 船尾ブロック底部のデッドウッドを接着する。各ブロックを接着して船体を一体化する(このときも船首尾を圧着)。

全フレームの接着


 ⑩ 船体を反転して、左右連結箇所(トランスバースティンバー)を切断する。ガラスの上にサンドペーパーを貼り、下部船体の上面をフラットに削る。船体内部をキールソンやストリンガーで補強する。(これで下部船体ほぼ完成)

上面の左右連結箇所(トランスバースティンバー)の切断

下部船体の補強


(2)上部船体の製作
 ① バルサ材のブロックを側面図のテンプレートに合わせて切り出す。ガンポート中心位置をドリルで穴開けする。

上部船体側面の切り出しとガンポートの中心位置の穴あけ


 ② 下部船体上面の形に合わせて2枚のティンバーを作る。(ダボで連結出来るように加工)

上下連結部分のティンバーの製作


 ③ ティンバーを上下の船体接合面にそれぞれ接着する。下部船体のガンポートを開ける。上部船体の側壁部を約3㎜厚程度に削る。テンプレートを使ってガンポートを開ける。

テンプレートを使用してガンポートを開口


 ④ 上下の船体を仮接合し、接合面に段差はないかチェックする。ステム材を下部船体に接着する。

上下船体の仮接合


(3)ガンデッキの製作
 ① ガンデッキは、デッキプランを下敷きにして机上で製作した。

机上でのガンデッキ製作

ガンデッキを下部船体に接着


 ② ミドルガンデッキも同様に製作して下部船体に接着する。

ミドルデッキの接着


 ③ デッキを載せる棚を舷側部に接着しておく。アッパーデッキを上部船体に接着する。上部船体バルサ材を約1㎜厚まで削る。クォーターデッキを張る前にブルワークやパーテーション等も作り込んでおく。

ブルワーク、パーティションの作り込み


 ④ 上部船体と下部船体を接着する。これで構造部分は完成。

全デッキの完成

構造部分が完成し、これ以降は通常の帆船模型製作と同手順になる


ホームページ担当者付記
 濱中さんの製作時例は、17世紀後半~18世紀前半にかけて流行した"Navy Board Model"と呼ばれる様式の模型を再現したものであり、 18世紀後半以降の帆船を主な題材にフレーム部材の一つ一つを再現していく現在主流となっている構造模型とは様式が異なることは留意を要する。
  一方でNavy Board Modelの様式化(stylized)されたフレームは、ファトックの少ない17世紀の帆船の構造をある程度再現したものとする研究者もいる。

◎「500年の航海術」(第12回)「Davis(イギリス式)四分儀」

戸田さんから、シリーズ「500年の航海」の第12回目として、「Davis(イギリス式)四文儀」の紹介がなされた。
(1)John Davis
 彼は、1594年に四分儀を発明した。この四分儀は、目で直接太陽を観察することなどの問題点があった測量計器の開発につながった。
 また、彼は、エリザベスⅠ世女王時代に探検家として航海知識もあった人で北西航路を探しに出かけた。グリーンランドとカナダの間に流れているDavis Straitは彼にちなんで名づけられた。
(2)四分儀
 四分儀の名前の由来は90度の角度を測れることだ。大きな三角形の形をしている計器に二つのアーチがある。その一つは小さいもので60度から65度まで測れて、もう一つは大きいアーチで30度から25度ぐらいまで測れる。大陸の船乗りたちはこれを「イギリス式四分儀」と呼んだ。200年の間に大変好評だった。
 1731年にもっと優れた「Hadley四分儀」が発明されていたが、船乗りたちは慣れたものを好んだ。
(3)四分儀の使用法
 使うときには先ず小さなアーチに大体の太陽角度を記した。それから太陽に背を向けて四分儀をメリディアン線に合わせて垂直に持った。太陽の影を前の小さなアーチにさした点と目の前の大きなアーチの水平線に合わせた。両方のアーチで読み取った角度を足すと太陽の高さがわかる。
 太陽の天辺(一番上の外側)の影で高さを測るため太陽の半径が必要だった。それを知るために小さなアーチに太陽の中心を起点としたスケールが付けられている。Davis四分儀は晴天で太陽が見える天気に適していた。
(4)John Flamsteed
 彼は天文学者で、四分儀の小さいアーチに凸面レンズを付けた。後にそれはFlamsteed-Glassと呼ばれるようになった。拡大鏡の働きのこのレンズで薄い霧でも太陽の光を測ることができた。
(5)ジェイコブススタッフとの比較
 太陽測量ではジェイコブススタッフがDavis四分儀に追い越された。Davis四分儀はジェイコブススタッフと似たような材料でできていた。枠は黒檀や黄楊材で、アーチのスケールは手で刻んだ。小さな象牙のネームプレートには製作者又は持ち主そして度々製作年が書いてあった。
 ジェイコブススタッフと同じく最初の四分儀はかなり大きかった。長い方は2ft、二番目は1.5ftそして大きいアーチの範囲は1.2ftだった。
 ジェイコブススタッフほど珍しくないが骨董市で頻繁に出てくるわけでもない。多くの場合、覗き穴プレートが無くなって、新しく取り付けてある場合が多い。

John Davis

四分儀の使用法



back

toTop