logo-e

現在位置 : ホームの中の イベントの中の研究会の中の研究会ダイジェスト

ken-dj
2018年12月2日開催


◎帆装について

福田さんから、帆装の変遷、形式、機能等についてパワーポイントを用いて紹介された。
(1) はじめに
 帆装は形式が先にあったのではない。経験と必要性から種々の帆装形式が生まれ、それが体系化されたと考えられる。そのために時代により、地域により異なることもあり、これが絶対的に正しいとは言えないこともある。

(2)横帆と従帆の違い
 ・横帆(Square sail)は、船の中心線と交差する方向に帆を張るもの。
 ・従帆(Fore-and-aft sail)は、船の中心線に沿った方向に帆を張るもの。
 ・バミューダ帆装の「スターフライヤー」号は、帆の操作は自動化されている。



◎製作事例「USS ポーハタン」

久保田さんから、当会40周年記念行事の共同製作ジオラマ「ペリー黒船艦隊と横浜村」のために製作した1/400「USS ポーハタン」のリサーチ、製作その他について紹介された。

(1)リサーチについて
 ①実艦図面
  本館は米ナショナル・アーカイヴ(以下NARA)に図面が現存している。Maryland Silver Companyという業者が、NARA 保存の各時代の米艦図面コピーを各種保有しており、ここに注文することで取り寄せが可能である。
  図面は16枚がセットとなっており、船体線図、甲板ビーム図、セイルプラン等を画像編集ソフトで1/400相当に縮小し、1枚の図面にまとめ直した。
 ②米海軍博物館模型
  米海軍博物館(以下USNM)には同艦の模型が展示されている。砲甲板上の艦首・艦尾のチェイサーのレールや甲板上の各種艤装品はこの模型のインターネット画像(wikipedia掲載画像その他の画像)を参考にした。 
 ③ウィリアム・ハイネの記録画
  ウィリアム・ハイネ(ペリーの日本遠征に同行した記録画家)の描いた記録画に、神奈川条約締結時にポーハタンのクォーターデッキ上で開催されたパーティーの記録画がある。当時の同艦には小さなプープキャビンが存在していたと思われる。
 ④Seawatch Books 刊サスケハナ本
  Seawatch Books からはGilbert McArdle氏によるサスケハナの1 /96模型のスクラッチ製作本が刊行されている。ホーハタンとサスケハナは姉妹艦とされており、艤装品等の製作に参考とした。
 ⑤実艦写真
  インターネット上でも何枚かの写真を検索することができる。外輪カバー周辺は実艦画像を参照にした。全体のバランスの確認を行う上でも写真との照合は重要である。
 ⑥船の科学館 資料ガイド4「黒船来航」
  船の科学館のガイド本には、日本遠征時のペクサン砲と思われる図面がシェル・ガンという名称で掲載されている。艦首尾のチェイサーである10インチ・シェル・ガンはメートル単位のスケールが表示されているので、これを基準に1 /400相当に図面をリサイズした。舷側砲の8 インチ・シェル・ガンにはスケールが表示されていないが、Howard I. Chapelle 氏の“The History of the American Sailing Navy”掲載のシェル・ガン図面にフィート単位のスケールが表示されているので、これを参考に図面を1 /400相当にリサイズした。
  なお、このガイドブックはインターネット上でも閲覧が可能である。
 ⑦錦絵
  錦絵はデフォルメされて描かれているため、参考にならないケースが多いが、ポーハタンを描いた錦絵の多くは船体に一本の赤線が描かれている。USNM模型とも一致するので、拙作にも取り入れた。

入手した図面の一部

ハイネ記録画の解釈


(2)材料について
  今回の製作ではプラスチック材を主用した。木製模型中心の当会ではあるが、小スケールで塗装も行う、プラスチック用接着剤や瞬間接着剤で容易に製作できる、エヴァ―グリーンやプラストラクト等の各種サイズのプラ材が揃っていること等からプラスチック材を使用した。
  円材、シュラウドに各種直径の真鍮線、船体外板表現のために1mm 幅マスキングテープ、リギング用に各種サイズの糸を使用した。なお動索類は東京駅八重洲口側に店舗のある越前屋で購入したエジプトコットンという銘柄の細い糸(120、170、185番)を使用、またラットラインは黒のドールヘアを使用した。
  甲板の表現はペリー戦隊側の共通仕様として印刷された紙を使用した。
  その他、ボート、階段等は近代艦船プラスチックモデル用の別売りパーツの余ったもの等を流用した。

(3)レーザーカットについて
  外輪周辺や艦首尾チェイサーのレールその他をレーザーカットで製作した。
  レーザーカットで製作するうえで考慮する要素として、
 ①レーザーカットの最小焼幅は0.2mm で、厚めの部材は焼幅が横断面から見てV 字状に広がる傾向にあること。
 ②どんなに細かいパターンを描いても焼き切れてしまう可能性が高いこと。
等が挙げらる。
  今回、レーザーカット業者にカットしてもらった。料金は時間単位となっており、税込みで25分で2,500円、45分で4,000円となっており(会員割引あり)、私の場合はA4サイズの航空ベニヤ2 枚とケント紙4 枚のカットしてもらい、料金は8,640円であった。

レーザーカットした材料


(4)製作について
 ①船体
 ・側面線図に投影された半幅線同士の上下間隔が1/400で1.5mmであるため、同じ厚さの プラ板でブレッド・アンド・バター方式で製作した。ジオラマ用の洋上模型には下部船体は不要であるが、キールから上部船体に延びるカーブを意識して船体上下を真鍮線でつないで仮止めして一体で整形した。
 ・ブルワークは各種サイズのプラ材を組み合わせて製作した。
 ・船体表面は、今回は1mm幅のマキシングテープを少しずつ間を空けながら船体に貼り、外板表現をした。
 ・外舷の白や赤のレールは予めその色で塗装した0.3mm プラ角棒を黒塗装済みのブルワークに貼っていき、マスキング作業なしでシャープな色の境目となる様にした。
 ・艦首ビークヘッド周辺は各種プラ材で現物合わせ、チーク材とそれに挟まれた唐草模様は航空ベニヤのレーザーカット品。
 ・チャンネルは0.5 x 2.5mm プラ材で、デッドアイの箇所はエッチングノコギリで溝を入れ、シュラウドを取付けやすくした。
 ・下部船体には、銅板表現を行った。銅板シールに約5mm の間隔でカッターの裏刃で筋を入れ、1mm幅で切り出し、レンガ積みパターンでずらしながら下部船体に貼った。適宜ゼリー状瞬着で補強した。

切り出した積層プラ板

粗削りの終わった船体

艦首周辺の工作


 ②外輪周辺
 ・外輪周辺の部材は、レーザーカットで製作した。
 ・外輪はリムとスポークを一体にしてレーザーカットで切り出し、サスケハナ本やUSNM 模型を参考に三重にした。0.25mm x 2.5mm プラ材でパドルを接着した。
 ・外輪カバーは、表面はケント紙のレーザーカット品とその背後に航空ベニヤのレーザーカット品の組み合わせで立体感を出した。

外輪の製作

外輪カバーの製作


 ③甲板上の艤装
 ・ピンレールやファイフレールはメッシュのエッチングを一列に切り取って前後を0.5mmプラ角棒で挟んで製作した。
 ・煙突はコピー用紙の片端にスプレーのりを吹き6mm 真鍮棒に巻き付け、瞬間接着剤で固めた。
 ・キャプスタンは2mm プラ棒から削り出してくびれ部の歯は0.3mm プラ角棒を貼り複製して使用。
 ・グレーチング、舵輪、艦首尾のチェイサーのレール、スカイライト等は航空ベニヤまたはケント紙のレーザーカット品を厚みに応じて使用した。
 ・外輪カバー間のプラットフォームは各種プラ材で製作した。
 ・階段、手すり、外輪カバー内側のキャプスタンバーのラック等は近代艦船の1 /350プラスチックキット用のPE の余りを流用した。

ピンレールの製作

ファイフレールの製作

ベンチレーターの製作

煙突の製作


 ④武装
 ・舷側砲の8 インチ・シェル・ガンは、画像の様に製作した。
 ・チェイサーは砲の載るキャリッジは舷側砲と同じものを流用し、砲身は2mm プラ丸棒、ピヴォット・キャリッジ部分は0.5 x 0.4mm プラ帯で製作した。

舷側砲の製作

艦首尾チェイサーの製作


 ⑤マスト、ヤード
 ・各マスト・ヤードは0.7㎜~2㎜φの真鍮線から削り出した。ミズンブームは1mm 銅パイプで制作した。
 ・先端に向かってテーパー加工し、ロアーマスト頂部はマストキャップを嵌めるテノンとその下の四角断面もそれらしく削り出した。
 ・トップ台、マストキャップ、トレッスルツリーはレーザーカット品。トップ台裏は各種0.5mm 厚のプラ材で製作した。
 ・ヤード、ガフ、ブームはテーパー加工後、ロアーヤードのマストへの取付トラスやガフ根元のジョーズを0.2 x 0.5mm真鍮帯金等で作り、ハンダ付けした。銅パイプで製作したミズンブームは、根元にL 字型に曲げた0.3mm 真鍮線を差し込んだものをミズンマスト根元のガジョンに取付けた。トップ以上のヤード取付クリートは0.5mmプラ材。フットロープは0.08mm銅線、これをヤードに繋ぐステアアップは100番黒糸。ヤードにはクリューライン等の通る滑車として0.2mm銅線を捩って巻き付けた。

マストの製作

ロアーヤードの製作

フットロープの取付

ジョーズの取付


 ⑥シュラウド関係
 ・シュラウド、ラットラインは写真の手順で製作した。

シュラウドの製作①

シュラウドの製作②

シュラウドの製作③

シュラウドの製作④


 ⑦リギング、セイル、旗
 ・セイル、旗はレンズクリーニングペーパーに印刷した。なお今回の私の経験では台紙のコピー用紙にレンズクリーニングペーパーをピンッと張って仮止めしないと印刷汚れが発生しやすく、またインクが紙に染みて拡がる傾向があるため旗の帯は細く描く等の考慮が必要だった。
 ・レンズクリーニングペーパーは極薄なので透けやすい傾向があるが、今回は停泊中の状態でセイルは畳んだ状態にするので問題はない。セイルの畳み方はなるべく実物の畳み方を意識して取付けた。
 ・畳んだ横帆がヤード中央で膨らんでいる様に見えるように若干クリュー側を小さめにカットした。また錦絵や記録画ではロイヤルヤードは取付けていないことから、ロイヤルヤードはプラットフォーム上に置いた。

ガフスルの取付

ヘッドスルの取付

横帆はクリュー側を小さくカット

トップスルの取付


 ⑧錨、ボート、乗員フィギュア
 ・錨は、ストック以外は航空ベニヤのレーザーカット品、ストックはプラ材で製作した。
 ・アンカーチェーンはバウスプリット下側のチェーンともども1 /600~700の近代艦船用PE を流用した。
 ・ボートは、タミヤの1 /350日本海軍艦載艇セットの7.5m 内火艇を流用した。一艘だけは船底を削り洋上模型状態に製作した。
 ・ボートを漕ぐ海兵隊員はフジミ1 /350日本海軍乗組員フィギュアセット(No.2)の機銃手を流用した。オールは0.3mm プラ丸棒。残りの3 艘はボート内の工作は省略しレンズクリーニングペーパーをキャンバスとして張った。
 ・甲板上の直立した乗員もフジミの乗組員フィギュアセット(No.1)でボート乗員ともどもインターネットで調べた当時の制服の画像を参考に塗装した。

 なお、この模型の製作についてはtwitterに投稿した製作記録をまとめてあり、今回割愛した製作中画像も多く掲載されているので、参考にされたい。



ボート

グライピング・スパー

甲板上の乗員とボート上の海兵隊員フィギュア

完成したポーハタン(1/400)



back

toTop