logo-e

現在位置 : ホームの中の イベントの中の研究会の中の研究会ダイジェスト

ken-dj
2018年10月27日開催



◎Dyna-Rigの紹介

竹本さんから、21世紀型帆船の新しい帆走形式「Dyna-Rig」の特徴や開発の歴史等が紹介された。

(1) 21世紀型帆船
 帆船の全盛時代は19世紀に終焉し動力船時代に入ったが、現在なお世界中には数多くの現役大型帆船が活躍し続けている。日本では“日本丸Ⅱ”“海王丸Ⅱ”の2隻に代表されているが、大型帆船の人気はいま一つである。欧米諸国では 伝統的に帆船を愛好する雰囲気が広く深いように思われる。いまだに.100隻以上の現役大型帆船が活躍していて、毎年“Tall Ship Race”が行われている。
2018年3月、全長107mの大型ヨット“Black Pearl”が完成して就航した。従来型の帆装ではなく、全く新しい帆装形式Dyna-Rigを採用した本格的な船として2隻目である。
すでに、2006年2月にDyna-Rigを採用した大型船第1号として、“Maltese Falcon”が運航しており、Dyna-Rig Vesselは今後さらに続けて建造されてくるであろうと思われる。

                        Maltese Falcon


                        Black Pearl
 (2) Dyna-Rigとは     
 Dyna-Rig は、1960年代に ドイツ人エンジニア ウイルヘルム プロルス(Wilhelm PrÖlss)によって考案された帆装方式で、Dyna-Rigと命名した。Dyna-Rig形式の帆装を持つ帆船をDyna- Schiffと称した。     
 伝統的な帆装と異なるところは、
 ① 静索がない。マストは船体にフリースタンディング。
 ② マストに曲線形状のヤードが固定され、帆の角度調整はマストを回転させて行う。
 ③ セールはマストに収納されており、ヤード間に自動的に展開、縮小を行う。
 ④ セールが展開されると上下のセール間に隙間が無くなり、一枚のパネル状態になる。  帆の操作が高度に効率化されるので、従来の帆船のように多数の船員を必要としない。風力を活用して燃費の節減ができる。甲板上がオープンスペースになって積荷の扱いが楽になる。など、船舶の運用経費の節減ができる。  

 (3) Dyna-Rigの発想から実現まで   
 ・ 考案者のプロリスの死後、アメリカのベンチャーキャピタリストThomas ParkinsがDyna-Rigに興味を示し、オランダのヨット設計家で同じくDyna-Rigに関心を持っていたGerard Dykstraに意見を求めた。 Dykstraは3本マストの絵を描いて「これを造ってみよう」と言ったため、Falconの製作をDykstraに依頼した。   
 ・  FalconのDyna-Rigの設計、組み立て、試運転テストは、オランダの造船エンジニアリング会社Dykstra Naval Architectsが担当し、カーボンファイバー製 マスト、ヤードの実物の製作と組立はイギリスのカーボンファイバー部品製造会社Insensys Ltd が担当した。船体はトルコ、イスタンブール.のイタリアのヨットメーカーPerini Navi社の造船所で建造され、最後のDyna-Rig装置の船体への装着工事はそこで行われ、2006年に完成、就航した。就航まで16年かかった。  

 (4) Falconの完成とBlack Pearlの建造
 ・ 2006年2月6日「Maltese Falcon」が完成し、Thomas Parkinsが初代オーナーになった。Thomas Parkins は、2008年にFalconをPleon Ltdに売却し、76歳で引退した。Falconは以来チャーター船として運用されている。
 ・ Dyna-Rig Shipの第2船「Black Pearl」の建造企画は、2009年スタートした。技術的なコーディネイターはGerard Dykstraが務めた。資金的には個人スポンサーが居らず、関係企業が共同で建造した。
 ・ Black Pearlは2010年に設計が始まり、2016年着工 、同様のDyna-Rigを上記のチームが設計、技術指導して、PortsmouthのMagma Structuresが制作し、船体はオランダAlblasserdamの造船所Oceancoで2017年進水、完成就航は2018年3月である。

 (5)「Black Pearl」の再生可能エネルギーの活用
 「Black Pearl」は再生可能エネルギー活用をテーマにして開発された。
 ①可変ピッチ・スクリューを活用して、順風帆走の時はスクリューをタービンブレードにして発電機を稼働し、積載している大容量のバッテリーを充電する。船内の電力はこれを使用する。
 ②ソーラー発電、風力発電も利用している。
 ③セールによる最高速度は30knt(56km/h)。補助のバイオメタンディーゼルエンジンによる走行17knt(32km/h)
 ④石油系燃料を使用せず大西洋を横断した。平均速度20kntであった。潤滑油としてわずか20リットルの石油を使用しただけであった。

 (6)今後の動向
 ・ Dyna-Rig Shipは、まだ、しばらく、ほんの一部の億万長者ユーザーだけに限られた超豪華船として建造される。次にクルーズ会社からの注文、チャーター船としての活用が期待できる。  ・ 広く海運業者に活用されるようになるには、現行の動力船の価格に近いところまで価格が下がらなければならない。珍しいだけでは普及しない。企業船主は船を購入して利益を出さなければならない。併せて故障確率低減など安定した信頼性が保証されるようにならねばならない。 技術開発の成功から、商品開発に至る壁はまだまだ厚いと言わざるを得ない。機帆船の復活はこれからが難しいところである。
 ・ 一方、今世紀以来、豪華モーターヨットは大型化し、空前のバブル状態になっている。豪華モーターヨットのアラブ系オーナー達は、脱炭素運動に背を向けて、大型化と豪華さを競う。アラブ系億万長者は帆船を好まない。

◎「あると便利なリギング治具」

藤原さんから、リギング製作において便利な治具として、手芸用の「ビーズ通し」が紹介された。  
 * 手芸用「ビーズ通し」(河口株式会社)   
 ○サイズは、長さ6㎝、9㎝、12㎝の3サイズがある。   
 ○使用法:輪の部分にリギング糸を通して使用する。        
 細い弾力のある素材が使用されているため、自在に変形して狭い場所でもスムーズに糸を通すことができる。



◎シリーズ「500年の航海術」(第11回) 「ジェイコブススタッフ」

戸田さんから、シリーズ「500年の航海技術」の第11回目として「ジェイコブススタッフ」についての紹介がなされた。  
 (1)Kamal(カマル)-ジェイコブススタッフの先輩?
 ・船乗りはジェイコブススタッフを使って太陽又は星の高さを測って経緯度を測定できた。  
 ・1498年Vasco da Gamaがインドへ航海するとき東アフリカの沿岸のMalindi港で水先案内人Ibn Majidを雇った。彼はアラビアの航海術を使ってVasco da Gamaの船をインドまで案内した。ポルトガルの航海道具は主にアストラーベだったが、Ibn Malidはそれを知らなかった。  
 ・その代わりに小さな木製プレート‐Kamalを使用した。各プレートの真ん中に多数の結び目が施したロープが結んであった。それぞれのプレートは一つの星座に合わせてあった。Kamalの下側は水平線に合わせ、上側は丁度その天体に触れるようにした。結び目のあるロープは歯でぴんと張った。例えばCanopus(シリウスに次いで二番目明るい星)を測定するために口から垂れている結び目を数えた。
 ・結び目の間隔は1度36分でIsbasと言われた。ジェイコブススタッフに似たように使われていたKamalでは正確な測定が不可能だった。アラビアの船乗りは多数の星座を測るためのプレートを所持していた。 アラビア海では19世紀まで使われていた。


2)巡礼者の棒?  
 ・ 15世紀にジェイコブススタッフが現れた。 名前の由来は諸説ある。その一つは巡礼者の杖に似ていることから、また、オリオン座の星Mintaka, Alnilam, Alnitahはジェイコブススタッフと呼ばれているのはその名前の由来である。さらに聖書に出てくるジェイコブの弟子からも考えられていた。
 ・ ユダヤ人のRabbi Levi ben Gerson(1288~1344年)が1342年に発明し、最初の説明をした。しかし、それはかなり扱いにくいものであったらしい。同じ星の間隔を測るときに2°の違う結果もある。彼のスタッフに初めて横断スケールが記されていた。それは測定にあたってかなりの進歩だった。
 ・ Johann Wernerは1514年に横棒8本のジェイコブススタッフを使ったらしい。彼もまた最初にジェイコブススタッフを海上で、月の距離と経緯度の関係の理論を提案した。その理論は、後に正しいと認められたが、提案した当時にはまだ月の動きの知識がなかったため実現できなかった。

3)スターシューティング   
  ・ 測定するときに片方を目に付け、天体と水平線のできるだけ中間に近い視点を目指して、一本の横棒を上が天体、下が水平線に着くぐらいまでゆっくり動かす。ねじでその点を固定してから高さの角度(又は天頂距離)を読み取ることができた。50度以上の角度になると横棒の両端を同時に目に入れられなかったため、この方法が特に難しかった。
・ ジェイコブススタッフは背中を太陽に向けて使うことも可能だった。その場合は大きいのと小さい横棒を使った。大きい横棒には覗き穴、そして小さい横棒に象牙などで出来た十字印をつけた。覗き穴と十字印から水平線を目指し、大きい横棒の影が十字印さしたところで測定ができた。   
  ・ ジェイコブススタッフは元に一本だけの横棒を持っていた。その形は武器のクロスボウに似ているからナビゲーション指導ではジェイコブススタッフを使う測定方法は「スターシューティング」と呼ばれた。今日までその言葉が使われているようだ。

◎製作事例「コンフェデラシー」(その3)

冨井さんから、「コンフェデラシー」の船体製作の続きとして、帆装の製作事例が紹介された。
 (1) マスト、ヤードの製作   
  ・コンフェデラシーのキット(モデルシップウエイ)は船体だけなので、同時代のアメリカのフリゲート艦「ESSEX」(Anatomy)と「Rigging」(Period Ship Modell)を参考にマスト、ヤード及びセールを製作した   ・マスト、ヤードの四角柱、八角柱の加工は、丸棒該当部をフライス盤を使用して正四角形に削り、薄板を張り付け、さらに八角形に整形する。この時、正四角形の辺を2:3:2の比率で線を引き、四角形の角をカットをすると正八角形に近く整形ができる。
 
    フライス盤による四角形の加工                直角出し
 
          板の張り付け                   八角柱に成形

 ・ヤードのテーパー加工は電動木工旋盤(PROXXON)を使用して、紙やすりで削り出した。
 ・製作したヤードが多いので、段ボールにマチ針で棚を作りヤードを整理保管した。
 
     木工旋盤によるテーパー加工               ヤードの保管

 (2) シュラウドにデッドアイ、ラットラインの取付   
 ・チャネルに位置決め治具を付けて、デッドアイを両面テープで仮止めしてシュラウドを結束する。   
 ・ラットラインの幅に合わせた厚紙を両面テーップでシュラウドに張り付けて、ラットラインを等間隔に結束していく。   
 ・クローフットの取付時、ステーが変形するのを防止するため、ステーに角材を縛り付けた。
 ・針金ハンガーの先端を焼き鈍し、ハンマー等で叩き平らして切り込みを入れた、リギングツールを自作した。
 ・ブロックの溝の加工には、小型目立てヤスリを使用して溝を加工した。
 
     デッドアイの位置決め、結束              ラットラインの整列

 (3)セールの製作   
 ・「ESSEX」(Anatomy)の図面から帆の型紙を作成した。   
 ・ガラス板の下に照明をおいた簡易トレース台を製作し、ガラス板に帆の図面を貼り付け、帆布を載せる。   
 ・帆の縫い目、リーフラインを油性色鉛筆でトレースする。(帆布の裏表両面)   
 ・帆に使用した生地は、ブロードで、色は生成り(薄い黄色)、東急ハンズで入手した。
 
         簡易トレース台                  帆の図面を固定
 
          帆布を載せる                色鉛筆で縫い目をトレース
 ・帆の膨らみを作るため、発泡スチロール(商品名BRICK、100円ショップで入手)で膨らみの型を造った。   
 ・この型の上に帆布をマチ針で固定し、「布硬化剤」を塗布し、硬化させた。   
 ・硬化した帆布を切るのに、ロータリーカッター(オルファ製)が便利であった。   
 ・ボルトロープの接着には、接着剤「速乾アクリアstick」が先端のノズルが細く便利だった。
 ・ステイスルに取り付けるハンクは、0.5㎜の真鍮線をグルグル巻いて、ニッパでカットしてリングを作り代用した。   
 ・旗の製作は、パソコンの「フォトショップ」で旗の図形を処理して、手芸用「綿ローン」(ハンカチ用 桂屋ファイングッズ製)をスティックのりで紙に張り付け、これにプリンターで印刷した。
 ・ペナントについては、0.2㎜の銅線をペナントの端に瞬間接着剤では貼付けて、風になびいている感じを表現した。   
・今回、ステイロープに若干、歪みがあるのが反省点です。
 
        発泡スチロールの型                帆をマチバリで固定
 
         布硬化剤で固める                ロータリーカッター
 
        「速乾アクリア」ボンド             リングでステイに取り付け

                      冨井さんのコンフェデラシー



back

toTop