logo-e

現在位置 : ホームの中の イベントの中の研究会の中の研究会ダイジェスト

ken-dj
2018年7月4日開催


今回の研究会は、第40回展記念ジオラマ製作特集として、製作に携わったリーダーである郷原さん、竹本さん、肥田さん、関口さんから、それぞれ、ジオラマ製作にまつわる話が紹介された。


◎ペリー来航の裏話「随聞積草金駅日記」

竹本さんから、ペリー来航時の裏話を記録した古文書「随聞積草金駅日記」を現代語訳したものが紹介された。

(1)「随聞積草金駅日記」とは
 嘉永7年1月~3月(1854年2月~4月)ペリー艦隊が横浜へ来航し滞留した72日間の記録を日記形式にまとめた非公式文書である。内容は正確で多岐にわたり、表、目録、イラストを含め貴重な記録である。著者は特定されていないが、神奈川宿役所に所属していた下級通詞職であった人物と思われる。
 原文は、神奈川県立博物館「金沢文庫」が所蔵。覆刻版は、「神奈川県郷土資料集成 第2輯 開港篇(神奈川県図書館協会郷土資料集成編纂委員会編 神奈川県図書館協会刊 1958年)」に収録されており、横浜市立図書館等に所蔵されている。

(2) 現代文に書き直す。
 原文は、ほとんどそのままの形式で覆刻されている。覆刻版のままではほとんど読めないので、現代文に書き直すことにした、
 現代文を書き直すに当たり、下記のように文体を改めた。
  ① 縦書きを横書きにし、漢数字からアラビア数字に替えた。
  ② 日付は原文通り旧暦を記載した。時刻は当時のままでは理解し難いので現在の時刻に改め、併記した。
  ③ 原文を2部に分けた。第1部には本文の文章部分を整理して編集した。第2部には、イラスト、目録、表類を整理して編集した。
 さらに、日米の公式文書などに記載されているが、日記に採用されていない事件、その他補足事項、参考情報、参考資料などを第2部に含めた。

(3) 内容抜粋その1 横浜上陸・条約交渉
 『当日、艦隊8艘の全乗組員数と同乗者を合わせると約1740人である。海岸まで到着した人数は650人で、艦隊全体の37%程の人数が艦から離れたことになる。
 上陸者名簿の中に、艦隊の全8隻の艦長は一人もいない。艦長はそれぞれの艦にとどまっていて、ペリー提督以下の身の上に危険が迫った時、砲撃できるよう艦砲に実弾を装着して戦闘態勢を敷いていた。アメリカ側の公式報告書にそのように記載されている。
 上陸した者、艀に残った者、合わせて646人であるから、艀には1隻平均23人乗って岸まで来たことになる。漕ぎ手の約200人は水兵で最後まで岸辺に残っていたようである。』

(4) 内容抜粋その2 日米交渉は葬儀から始まる
 『11日 快晴南風 
 今日、横浜村へ用字があって出張してきた。アメリカ船中で夷人が一人死去したので、取り置きの儀(弔いの儀)をその筋に願い出たところ承諾された。担当の小役人が出席して棺を検分した。これを同村の真言宗増徳院へ葬送した。この葬式行列の様子を立ち会って見てきたままに記す。死体を寝棺におさめ、棺持ちは4人である。行列は、先に剣筒を持つ6人が進み、その後に七条袈裟の様な服を着た2人が続く。それに続いて棺、棺の後ろに10人添え送りする。
 この… … 中略 … …6人の者は剣付き銃を持って院和尚も続いて経を読んだ。
これにて葬儀は終わり、異人は引き上げた。剣付き銃を持つ者以外は、寺に入門してから戻るまで、帽子を被らなかった。
 墓標の蘭字和解
 オホフネノ 舶夫 ロベルトウィリアムス
 1854年3月6日
 日本江戸港ウチウミにて合衆国の蒸気船ミシシツピ中に没す 齢24歳』
 (原文に朱書)
 右墓、5月18日に伊豆下田より押送船に異人2人与力御小人目付が付添いとして乗船して来て、横浜へ上陸した。かの墓をアバキ、棺をほりだし、そのまま大きな外箱に納めた上、乗ってきた押送り船へ積み入れて下田に出帆した。これは、伊豆下田の2ヶ所の異人墓地を置くことになったので、そちらに改葬されたのである。

随聞積草金駅日記覆刻版を収録した神奈川県郷土資料集成第2輯 開港篇
(横浜市立図書館所蔵)


◎大型ジオラマ製作展示、選択テーマの趣旨

郷原さんから、第40回展の記念作品として大型ジオラマを製作する趣旨及びテーマ選択について、説明された。

(1)趣旨
 *横浜帆船模型同好会(以下「当会」)らしい、第40周年記念展覧会にふさわしい、インパクトのある作品を製作する。
 *有志を募り、当会会員による共同製作とし、会員相互の親睦を深める。
 *当会の活動をアピール(宣伝効果)できる作品を製作する。(完成した作品の引き受け先等を考えて)

(2)テーマの選択
 *当会の展覧会を開催するところは、横浜港の『横浜みなと博物館』である。この横浜港は日米和親条約締結の地でもあり、来年は、横浜開港150周年にあたる。
 *ペリー艦隊(黒船)来航は、横浜港開港、日米和親条約締結をもたらし、日本の近代化のきっかけとなった。
 *1854年ペリー艦隊(黒船9隻)来航時の横浜港の情景を大型ジオラマで再現する。
  洋式大型帆船と大和舟の対比、往時の横浜村の風景等を詳細に表現する。

(3) 大型ジオラマ製作賛同者(15名)
 郷原邦昌(起案者、統括リーダー)、肥田 純(スーパーヴァイザー)、関口正巳(チームリーダー)、 竹本喜道(チーム―リーダー)、西谷眞宏、村石忠一、石川敏夫、菊地英昭、田鹿康政、 久保田光昭、猪俣俊昭、大野茂雄、藤原義孝、堀岡長紀、森下豊次。(敬称略)

大型ジオラマ製作途中


◎ジオラマ全体製作の概要

肥田さんから ジオラマ全体の製作、主に陸地部の製作過程をスライドを投影しながら、紹介された。

(1)ジオラマのサイズ、縮尺等
 *ジオラマの大きさはベニヤ板のサイズと同じ、1800㎜×900㎜とした。
搬入しやすいように4分割してベース部を製作。展覧会会場で組み立てる。
 *海側(黒船側)から見た情景とする。
 *縮尺は、模型製作上黒船を1/400とした。これを基に、遠近感を出すため、陸側を1/1000とした。

ジオラマ計画図

4分割したベース部


(2)主な陸地の製作

陸地部配置図

陸地部を発砲スチロールで造形とペリー艦隊の配置

山部をティッシュとコルクで造形

弁天様社の造形

横浜村の情景

接待所の情景(奥は当時は沼地であった)


◎黒船製作の概要

竹本さんから、ジオラマの黒船9隻の製作の概要について紹介された。
(1)黒船の製作に当たって
 *黒船に関する資料は、洋書や海外アーカイブ、インターネット等から収集し、復元構想図、製作図を作成した。
 *資料の少ない艦については、類似する船型の資料から推測した。
 *黒船は、船型から3つにグループに分けられる。( )内は製作者
 ①蒸気外輪フリゲート
  ミシシッピ(竹本)・サスケハナ(藤原)・ポーハタン(久保田)
 ②帆走スループ
  サラトガ(猪俣)・マセドニアン(猪俣)・ヴァンダリア(猪俣)
 ③帆走補給艦
  サザンプトン(竹本)・レキシントン(大野)・サプライ(竹本)

ミシシッピの製作図

ミシシッピの船体の製作

ミシシッピのマストの製作 マストは3本を繋げて製作した

完成したミシシッピとジオラマ洋上に置いた状況

ペリー艦隊の集合
帆装スループはHoward I. Chapelleの著書、ポーハタンは米国立公文書館由来の図面等を参考にした


◎和船製作の概要及び作品説明パネル

関口さんから、和船の製作の概要及び第40回展記念作品の説明パネルについて、紹介された。

(1)和船製作のための資料の調査
 *1854年(安政元年)の横浜村にどのような和船の種類があったのか。
  御座船=関船タイプ・小早タイプ、べざい船、五大力船、押送船(屋形船)等があった。
 *安政元年横浜村ペリー艦隊接待の絵図に描かれた御座船に「天地丸」の文字が見えた。この「天地丸」は幕府の御座船である。
 *御座船に関する図面は、フランス人のパリ親子の手により、当時何隻かの御座船を計測し、図面化したものがSouvenier de Marine Conserves(海事備忘録)という書籍に「日本の船」と題して残されている。

(2)御座船以外の民間船
 *御座船以外の民間船は、「船鑑」「倭漢三才図会」「守貞謾稿」等の資料の絵図を参考に、「縮尺率換算表」をもとに製作した。

(3)和船の製作
 *御座船「天地丸」ほか幕府側の船の模型は村石さんが製作した。
 *縮尺1/500ともなるとオーバースケールが気になった。

(4)ジオラマ作品説明パネル
 *「ペリー艦隊(黒船)来航」をテーマにジオラマ製作に当たって事前に調査した情報は膨大なものである。しかし、ジオラマ本体だけではすべてを伝達できないので、説明パネルを作成して、貴重な情報を伝達する必要がある
 *スタンド・タイトル
  「ペリー艦隊(黒船)来航と横浜」
 *説明パネルは、次の9枚を作成する。
  ①新旧横浜比較地図(900×1800)
  ②ジオラマの説明・参考文献等
  ③神奈川湊と横浜港
  ④随聞積草 副題[金駅日記]
  ⑤横浜開港年譜
  ⑥来航黒船艦隊(嘉永7年来航時)一覧
  ⑦エピソード(1)
  ⑧エピソード(2)
  ⑨ジオラマ製作プロジェクト参加者名

【左】「天地丸」が描かれている絵図  【右】「天地丸」のイラストと実物写真

【左】和船(民間船)の参考模型          【右】縮尺率換算表

村石さんが製作した御座船模型

それぞれが製作した和船模型

説明パネル展示デザイン案



back

toTop