logo-e

現在位置 : ホームの中の イベントの中の研究会の中の研究会ダイジェスト

ken-dj
2017年11月11日開催


◎初心者にもできる(できた!)キット改造

伊藤(正)さんから、ビクトリー・モデル社のキット「H・M・S Pegasus(1/64)」のフォクスルデッキとクォーターデッキを構造模型風に改造した製作事例が紹介された。

①参考資料として、下記の資料等を活用した。
 ・参考図書;The Fully Framed Model,(Vol.Ⅰ~Ⅳ) (Sea Watch Books出版) (以下FFM)
 ・帆船模型投稿サイト;Model Ship World (https://modelshipworld.com/)
 ・ウェッブサイト;H.M.S. Fly Ship Build(http://hmsfly.com/)、他

②これまでの主な改造点
 ・メイン・ウェールをトップ&バットで加工した。
 ・メイン・デッキ両舷をトップ&バットで加工した。
 ・船長室床をチェック模様に改造した。
 ・船長室、士官室に間仕切り壁を設置した。
 ・キャリッジ/艤装品を自作した。

船長室の床張り

船長室・士官室の間仕切り

艤装品の自作

キャリッジの自作


③フォクスルとクォーターデッキ改造の動機
 ・メイン・デッキ上の改造が見えなくなる
 ・キットのビームの材質はMDF材、且つレーザーカットにより切断面が真っ黒で見栄えが良くない。
 ・スケール1/64の割には太すぎる(5mm)⇒3mmに変更
 ・本数が少なく、配置が考慮されていない
  (甲板を貼ればキットのビームは隠れるので、キット通りに組む場合は問題はない)

④設計図の作成
 正確な図面はないため、FFMのイラストを利用し、手書きで配置図のみを作成した。
 (メイン・デッキ上構造物との位置を微調整した。)

作成した設計図


⑤ビームの制作
 ・3x3mm角材使用 
 ・正確なキャンバーを付けるため治具を作成した。

角材の曲げ


⑥ロッジング・ニーの制作 
 ・切り出しの際の注意点として、長辺は糸鋸で切らずに板材の端に合わせる。
 ・幅広め、長めに切り出し、正確に切り出す必要はない。
 ・やすり、ペーパーで最終整形する。

ロッジング・ニーの型紙の長辺を板材の端に合わせる


⑦組立
 ・組立用作業台はビーム製作用治具を再利用して製作した。
 ・この組立用作業台の中心線とビームの中心を合わせて組立てる。

ビームの組立


⑧最後の微調整
 ・メイン・デッキ上の構造物との最終位置合わせを行い、船体に取り付けた。

船体に取り付けた状態


《参考》
1、糸鋸使用上の留意点(東急ハンズ店員さんからのアドバイス)
 ①歯はいつも垂直に立てる。
 ②切ろうと思うな。軽く下に引く。
 ③大きな曲線は大きなストロークで、小さな曲線は歯を小刻みに動かす。
2、ウォーターウェーのB曲げ整形
 キットのレーザーカットされた合板材ホストシートから甲板下貼り材を外した残りの曲線部分を利用して、B曲げ整形する。

ウォーターウェーのB曲げ整形


3.外板貼りの押さえ治具
 ダブルクリップを利用して製作した。

ダブルクリップ

外板を押さえた状態


4.キャリッジ底部(台形)の製作
 キャリッジ底部を台形の底板で製作することとした。この台形の底板を大量に製作する方法として、サーキュラソーの斜め切りガイドを4度傾け、板材に切り込みをいれ、また、逆方向にも同様に4度傾けて切り込みを入れて製作した。

斜め切りガイドを4度傾ける

切り込みを入れた状態

板材の端を一気にカット

キャリッジ底板(右側)


5.その他に、ティンバーヘッドの斜め整形加工等についても説明された。

《質疑》グレーティング上に階段があるのはおかしいのではないか?
《答》 ・階段は取外し、移動が可能な構造となっている。
    ・荷物等の出し入れのため、ハッチは上から下まで真っ直ぐに通してある。


◎「シルの筒」方式のガンポート工作

久保田さんより、製作中のベレロフォン(ビクトリー・モデル「ヴァンガード」キット)のガンポート製作についてインターネットで発見した製作記事を参考にアレンジした工作法が紹介された。
(1)シル工作
 「シル(sill)」は、ガンポートの枠組みの部材である。枠組みの下側がシル、上側がリンテル(lintel)、左右は船体フレームそのものであるが、今回は便宜上、ガンポートの枠組みを「シル」と表現する。
 ①ガンポート開口部の大きさに合わせて、ストリップ材で「シルの筒」を製作する。

シルの筒


 ②「シルの筒 」上部にガンポートに差し込む筒の深さを下書きする。

差し込む深さを下書き


 ③下書きした線まで筒を差し込み、高さを測る。
 ④筒の外側も高さを測り、筒を平行にする。シル工作は船体下張り段階で行った。

高さ、平行の調整


 ⑤筒を差し込んだ状態で切断ラインを下書きする。筒を外してこのラインより外側で切断する。

シルの筒の切断


 ⑥切断した筒を下書き線に合わせてガンポート開口部に接着する。開口部から飛び出た部分は船体下張りと平滑にする。

シルの筒の接着


 ⑦「シルの筒」方式は、船体内部ブルーワークが省略された下層甲板のガンポートで使用した。
  上層甲板のシルは一片ずつ船体下張りとブルワークに接着した。

下層甲板のダミーキャリッジ


(2)船体上張り
 シル工作後、船体上張りを行う。リッド付きガンポートはリッドが嵌まるようにシルと上張りの間は段差あり、リッドなしのガンポートは段差なしとしています。
 ①ガンポート下側に接する外板を仮止めして、シルに合わせて切り欠く。

ガンポート下側に接する外板の加工(1)


 ②外板を外して、切り欠きの1㎜外側に段差分の線を下書きし、これに沿って切り欠く。

ガンポート下側に接する外板の加工(2)


 ③ガンポート下側に接する外板を接着。その上の外板はガンポート間に1枚ずつ接着し、ガンポート上部に接する外板を仮止めし、高さを測って切り欠き線を下書きする。

ガンポート上側に接する外板の切り欠き線の下書き


 ④下書き線に合わせて切り欠いた後、船体に接着する。

段差付きのガンポート


(3)リッドの工作
 ①リッドのベース板は0.5㎜厚のメープル材でシル内側の大きさに合わせる。リッド外側は船体外板と同じ1㎜厚材を使用し、まず、現物合わせで下辺側を張る。残りのリッド外側板は長さに余裕を取り、張り終えたら整形する。ウェールにかかるリッドは段差が付く。

リッドのベース板

段差付きのリッドは厚めの外板材から削り出し


 ②リッドに付くヒンジのピンは、0.5㎜真鍮棒と0.5×0.2㎜真鍮帯をハンダ付けで製作した。ヒンジはキットのエッチングパーツを整形した。

ヒンジピンのハンダ付け


 ③ヒンジ位置決め治具、トッピング・リフトが通る穴の位置決め治具を製作し、船体に取り付けた。

ヒンジ位置決め治具

トッピング・リフト穴の位置決め治具

リッドの取付


(4)まとめ
 ①「シルの筒」方式の場合、木目の流れが実際と違ってくるが、塗装すれば目立たない。
 ②シルの材料は1㎜厚の材質を使用したが、やや厚すぎた様で、再考を要する。
 ③リッドを引き上げるロープの引き込み口には保護用のブーツがあるが、後でヒートシュリング・チューブを使って再現予定。リッド裏側のアイボルトも追加予定。


◎シリーズ:帆船模型参考画像集 第9回 「船首部甲板艤装」

濱中さんから、シリーズ「帆船模型参考画像集」の第9回目として「船首甲板艤装」の画像の説明、紹介された。

オランダの捕鯨船 17世紀

サン・フェリーペ(1690年 スペイン)

ロイヤル・キャロライン(1749年 英)

エンデバー(1768年 英)

ヴィクトリー(1765年 英)

フェア・アメリカン(1778年 米)

コンカルノーのマグロ船(1908年 仏)

キャットヘッドの種類


back

toTop