logo-e

現在位置 : ホームの中の イベントの中の研究会の中の研究会ダイジェスト

ken-dj
2017年10月1日開催


◎コンフェデラシー(その2)

冨井さんのコンフェデラシー

冨井さんから、コンフェデラシーの製作事例(その2)につきパワーポイントを使って詳細に紹介された。
(1)スターンとクォーターギャラリーの塗装について
  ①スターン周りの装飾や窓枠は金色で塗装した。塗装には「金うるし」(東急ハンズで525円)を使用。これは人工うるしに少量の金粉を混ぜて使うもの。本うるしではないので、かぶれず塗り易い。
 ②金うるしが生乾きの状態になったら「古び粉」(黒い粉末)(東急ハンズで1200~1300円?)を筆先に付けて金うるし部分にかけてドライブラシすると金の光沢が落ち着き立体的に見えるようになる。

金うるし

古び粉


(2)アカンサス(オーナメント)の塗装について
 キットに入っているエッチング製のオーナメントはエポキシ接着剤で肉盛りし、金うるしで仕上げた。

平面的なエッチングのオーナメントをエポキシ接着剤で肉盛り


(3)スターントランサムとキャップレールについて
 スターン上部にある馬蹄形のスターントランサムを切り出し、この外周に0.5~1.0㎜の薄板で作ったキャップレールを接着した。
(4)ラダー(舵)について
 ラダーは動かなくてもよいが、ラダー前縁とスターンポストとの間隙は極力なくした状態に仕上げたい。ラダーヒンジは動かなくて良いので、ヒンジ部分を事前に固定する手法で作ってみた。
  ①L字に折り曲げたピントルとガジョンにピンをあてがい、ハンダ付けする。

ピントルとガジョンの接続


  ②ラダーとスターンポストの形状に合うように帯板側部を折り曲げて整形する。
  ③穴あけ治具を使って、帯板に0.5φの穴を開ける。穴径が小さいため、オイル(クレ5―56)を付けながらドリルを高速回転させて穴あけする。
  ④船体へは瞬間接着剤で接着した。
(5)チャネルについて
  ①チャネルは長さ方向に二分割し、船体側の板を位置決め用として先に接着する。さらに前後2か所にピンを打ち込んで補強しておく。

2分割されたチャンネルと補強用ピン


  ②前記の板に外側の板を接着する。仮のマストを立てて、タコ糸でシュラウド位置を確認しながら、デッドアイを固定する。
  ③デッドアイ下部を固定するチェーンアッセンブリは、平板エッチングで加工されたものがキットに入っていたが、断面が四角いこと、長さが一定であることから、0.5φの真鍮線で自作することにした。
 チェーンアッセンブリは真鍮線をロウ付けして作ったが、中間のミドルリンクについては最後に実測し、さらに長さが調整できる治具を使って加工した。しかし、結果的には長さがピッタリとは合わなかった。3種類程度の長さのリンクを用意し、いずれかを使っても良かったかもしれない。
(6)ヘッドレールについて
  ①ヘッドレール内部にはビーム状のすのこを入れるようになっていたが、グレーティングに替えた。
  ②ヘッドレール自体は工作誤差があるため、図面通りには行かない。このためメインとロワーレールは現場合わせで作った。できたレールは船体にピンで仮止めしておく。
  ③アッパーニーからロワー~メインレールにかけて厚紙Aを固定しておく。
つぎに一部をL字に切り欠いた2枚の厚紙Bをロワーとメインレールにそれぞれ当接させながら厚紙Aに接着すれば、当該断面におけるヘッドティンバーの形状を特定することができる。形状が特定できたらヘッドティンバーの型紙を作り、整合するがどうかチェックしておく。

ヘッドティンバー形状出しの厚紙


  ④レール側部に施された細い溝(グルーヴィング)は、工具を自作して彫った。
工具は、ガイド板に0.5㎜の板とカッターの刃を重ねたもの。彫る時は一気に彫ろうとしないで、何回もグルーヴィングするときれいな溝が彫れる。

ヘッドレール外周部の溝彫り工具




  ⑤レールの装飾は、キットに入っているものを金うるしで加工した。
(7)キャットヘッドについて
  ①キットにもキャットヘッドのパーツは入っているが傾斜角度が小さいので、15度くらいの強めの傾斜になるようにペアウッドで自作した。
  ②木端口の飾りは2種の星型を厚紙で作り、重ねて立体的にして金うるし加工した。
(8)オーブンについて
  ①キットに入っているバスウッドのオーブン本体を塗装して使った。塗装はラッカーサーフェイサー#1000で下地処理し、仕上げに黒染めスプレーAZを使用。さらにエッジは銀の塗料でドライブラシした。ドライブラシによるエッジ処理は砲身やアンカーにも施している。
  ②オーブン下部のレンガはプリントしたものをそのまま使用。

ギャレーのオーブン


(9)グレーティングについて
 キットに入っている1.6㎜厚×格子0.8㎜のグレーティングを使用した。グレーティングはデッキのキャンバー形状に湾曲させるが、これは空きビンの外周にグレーティングをマスキングテープで固定して湾曲させた。
(10)梯子について
  ①梯子は側板と踏み板を接着するさいに接着剤がはみ出し、その後の塗装にムラが生じる恐れがあるため、事前にオイルステインで塗装しておく。
  ②本艦の梯子の側板はS字状に曲がっているため、梯子の背面形状と同様に加工した発砲スチロールに梯子の側板を立てておき、これに踏み板を垂直に差し込んで接着した。
(11)デッキの釘目について
  ①爪楊枝の先端を自作の治具で尖らせる。
  ②爪楊枝先端のみ透明スプレーで塗布し、さらに黒スプレーしたものをデッキの釘穴へ打ち込んだ。先に透明スプレーを塗布するのは、黒塗料のしみこみ防止のため。

木栓の工作


(12)デッキ周りの塗装について
  ①デッキ材はペアウッド。素材を生かすため木彫オイル「白木まも~る」で塗装した。
  ②ブルワーク材はパドック。赤みを強くするためニューステイン木部着色材で塗装した。
  ③ガネルは黒檀。色を均一化するためにオイルステンで塗装した。

素材の木によって各種の着色剤を使い分け


(13)舵輪について
  ①スポーク径は1.5φなので、2.0φの丸棒を銅パイプに刺し旋盤で成形した。
  ②舵輪本体は、三角形の板を8枚組んで作った正八角形のブロックに、外側からスポークを通す8本の穴を開ける。

リムの工作(1)


  ③前記正八角形の板の背面に丸棒を接着し、この丸棒を旋盤に固定してリム内周をくり抜く。
   くり抜く際に使用する突っ切りバイトは自作した。

リムの工作(2)


  ④リムに開けた穴にスポークを通して接着する。この段階で組立を完了し舵輪の状態にしておく。

スポークの取付


  ⑤舵輪の背面を切り離せば出来上がり。

リムの切り離し

完成した舵輪


(14)マストパートナー他について
 舵輪と同様の製作法でマストパートナーやスタンション、デッドアイ、カロネード砲なども作ることができる。
(15)購入品について
  ①飾り台は200×600㎜のアガチスを東急ハンズで特注した(3000円強)。仕上げはオイルステイン。
  ②支柱のドルフィンはアマティ社(ブロンズ製、一式5400円)から購入。
   船体との取り合い部を調整には木工パテ(100均)を使い、船体と整合するように加工した。
   なお、プラスティック製のドルフィンもあり、これは2000円弱で入手できる。
  ③銘板は東急ハンズ(池袋・渋谷店)に原稿を持ち込みレーザー加工してもらった。約1時間程度で仕上がる(1500~1600円)。

ネームプレート

◎「フランス74門艦のラダー(舵)」

廣野さんのフランス74門艦

廣野さんが現在製作中の構造模型のうち、ラダーの製作過程がパワーポイントを使って紹介された。
 製作はブードリオの図面を元に製作しているが、ラダーは動くように作り、かつ実船同様ラダー前縁とスターンポストとの隙間がほとんどないようにしたいとのこと。
(1)本艦ラダーの特殊性
 スターンポストは後方に傾斜しているが、ラダーヒンジは水平となっている。このためピンが帯板に直交していない。しかし、これでは可動しないので、最終的にはスターンポストに平行になるようピンを傾斜させて製作した。

船体に対して水平に取り付けられたピントルとガジョン

ピンはスターンポストに平行になるように傾斜を付けた


(2)ラダーの製作
  ①ラダー前縁とスターンポストとの隙間をなくすため、真鍮の帯板(鉄道模型店で購入。1.7×0.4㎜サイズで税別250円)の厚み分だけラダーとスターンポスト双方に凹部を設ける。
  ②ピンの中心はピントル先端より後方にあるため、1φの真鍮線を半分程度削り、ピントルの帯板先端にロー付けした。なお、この種反復作業は一気にやるとともに、予備も作っておくとよい。
  ③ガジョンは帯板に直接パイプをロー付けするとラダーとの隙間が開くため、パイプの両側に帯板をロー付けした。

ガジョンに真鍮パイプをロー付け

真鍮パイプの左右それぞれに真鍮帯金をロー付け

スターンポストとラダーの間の隙間を極小になるように工作


  ④ラダー本体は3枚の板から構成される。各パーツはそれぞれ余裕をもって木取りし、逃げをみておくことが大事である。加工は、まず2つのパーツから接着し、接合面をフライス盤で加工しておく。
  パーツの接合面には前もってBのエンピツで黒く塗っておくと継ぎ目が奇麗にでる。
  3つ目のパーツを接着したら、図面に合わせて外形を調整する。

3分割構成のラダー本体


  ⑤スターンポストから前方はラベットの窪みがあるため、ガジョンを固定するための外板相当部分を接着しておく。
  ⑥ラダーヒンジを接着するときには、まずガジョンの穴に真鍮線を上下に貫通させて芯出ししながら接着する。今回は真鍮線に一部曲がりが生じてしまったので、ピアノ線のような剛性の高い棒を使う方がよい。

ガジョンの取付。スターンポストとラダーの隙間を極小とするためスターンポスト後面のガジョンが接する箇所は溝掘り。


  ⑦ピントルをラダーに接着するときは、ガジョンとの取り合いをみながら、ラダーに帯板分の凹部を削って接着する。なお、ラダーヒンジは瞬間接着剤で先に接着しておき、後から釘を打ち込んだ。
  釘は真鍮線の頭を平らにヤスリがけし、先端のみ黒染めしてから使った。

取付の完了したラダー本体、ピントル、ガジョン


  ⑧ティラーの穴は、ラダーストックに丸穴を開け、カッターを加工した自作の平刃で四角に整形した。

ピントル、ガジョン工作の要点まとめ


◎シリーズ「500年の航海技術」

戸田さんが出席できなかったため、冨井さんが代行してパワーポイントで概略説明された。
  ①アストロラーベ…航海中の時刻や位置の測定や、天体観測に使われた。
  ②日時計…折り畳み式の木製筒型のもの。
  ③三脚の顕微鏡…三脚にしたのは光を取り込むためと思われる。
  ④ジェイコブロッド

アストロラーべ

日時計

三脚顕微鏡

ジェイコブロッド


◎シリーズ「帆船模型参考画像集」ラダー(舵)

DVD作品集から抜粋したラダーの参考画像について説明があった。
(1)舵は紀元前の古代エジプト時代から存在していた。船尾両舷に2枚のオールを下げて操船していた舟が発掘されている。当会作品では「ギリシャのバイリーム」にその様子を見ることができる。
 10世紀ごろ登場したヴァイキング船では、ステアボードというオール状の板を船尾右舷側に付けて操船するようになった。これがスターボード(右舷)の語源といわれている。
 岸に接岸するときは右舷の舵を保護するため、左舷側を岸に着けるようにしていた。このため左舷のことをポート(港)というようになった。

ヴァイキング船(10世紀 ノルウェー)


(2)舵が船尾中央にラダーヒンジで取り付けられるようになったのは、14世紀ごろと推察される。

サン・マルテン(1550年 スペイン)


(3)舵の艤装品として、流失防止装置(プリベンダー、スペクタクル・プレート)、浮き上がり防止装置(ウッドロックほか)などが紹介された。流失防止装置はチラーが破損して操舵できなくなったときの非常時の操舵として、さらに停泊時のラダーの振れ止めのために使用された。ウッドロックは水面直上にあるギャップ右舷側からガジョン下方を抑えるように取り付けられた。当会の作品では、西谷会員の「エンデヴァー」にウッドロックを見ることができる。

エンデバー(1768年 英)


(4)その他、カティー・サークのような高速船型における舵形状の特徴、オランダの幅広浅喫水船に使われたリーボードなどの説明があった。

カティ・サーク(1869年 英) ラダー下端の前後幅が狭い

ロイヤル・ヨット(1675年 英)



back

toTop