No.51 テージョ川のボート(The Boat on the Tejo River)
作 者
関口 正巳
詳 細
 
 
年 代
~20世紀初頭
船 籍
ポルトガル
 
 
縮 尺
1/25
製 作
自 作
 
 ポルトガルの首都リスボンを湾口にもつテ―ジョ川の上流地域から20世紀初頭までフルーツや物資をリスボンに運んだボートの一つ。テージョ川を遡上するため、特徴的な大きな舵を持っている。またこの船は船首と船尾がキールを持つカント・フレーム構造で、中央の胴体部分は川船の特徴である平底(キールなし)構造である。ラダー操作も特徴的で、シャロロ(Xarolo)と呼ばれる舵から直角方向に突き出した棒状の先端にロープを繋ぎ、このロープで舵取りをする。製作にはリスボン海事博物館で購入した図面と、同館で撮影した模型の写真などを参考にした。

toTop