No.25 ポーツマス軍港の監獄船(Prison Ship(Hulk) in Portsumouth Harbour)
作 者
福田 正彦
詳 細
 
 
年 代
18~19世紀
船 籍
イギリス
 
 
縮 尺
1/143
製 作
ジオラマ
 
 18世紀から19世紀にかけて英国は航行に耐えなくなった軍艦を廃船にして囚人などを収容した。特に各軍港に配置されたものはナポレオン戦争の捕虜を収容したと記録にある。絵葉書を見ると二層甲板船であることは間違いない。そのために船体は当時の量産艦である74門艦の図面を利用した。捕虜収容艦として管理側とどう区分するかなど、自分で勝手に決めるのが面白い。特に廃船である船体と後から設置した部分とのウェザリングの相違を考慮しながら、どのように汚すかに苦心した。1/143という縮尺で初めて50体以上も人形を作ったが、散々苦労をした割にはお粗末になった。「誰も作らない汚い船」を自負している。

toTop