No.14 千石船(SENGOKU BUNE)
作 者
安田 光
詳 細
 
 
年 代
1700年代
船 籍
日 本
 
 
縮 尺
1/27
製 作
自 作
 
 今回の千石船は、自作で、余っていた材料を継ぎ足しや張り合わせをして作りました。外国船の場合は竜骨に組んだ肋材に外板を張って造るが、和船の場合は、帆柱は1本で、竜骨、肋材がなく、水押しと呼ばれる船首材、丈板と梁で構成されるのが特徴です。長大な板は厚さ17cm、中棚や上棚は14cmの厚さがあり、板を蒸したり、水を掛けて焼いたりして、加工しながら造ります。また船食い虫の被害から守るために包板と呼ばれる薄板を棚板に張り付けてあります。甲板は、取り外し可能で、荷物を多く積め、作業効率を上げるため、甲板には踏み板を掛けて作業をしていました。

toTop