No.56 野付湾シマエビ漁(Shimaebi Fishing inside Notsuke Bay) 
作 者
郷原 邦昌
詳 細
 
 
年 代

明治後期

船 籍
日 本
 
 
縮 尺
-
製 作
スクラッチビルト
 
 北海道北東部根室に近い野付湾は平均水深3.4m、海底には魚の「揺り籠」と言われるアマモが密生しておりシマエビ、他のエビ類や小魚が多く生息しており、そのアマモを傷つけない様に昔から船底が平らで吃水が浅い漁船を「櫓」を使わずに,帆を張りゆっくり風下に移動させながら漁をしていました。この漁は江戸時代には既に行われていたそうで、現代では港から漁場への移動は船外機で行います。環境に優しい漁のやり方ですね。このジオラマは江戸時代の「シマエビ漁」の様子です。

toTop