No.55 白鯨(MOBY DICK) 
作 者
五十嵐 康晴
詳 細
 
 
年 代

1851年

船 籍
アメリカ
 
 
縮 尺
-
製 作
スクラッチビルト
 
 19世紀アメリカの小説家ハーマン・メルビルの「白鯨」(Moby Dick)の1シーンをジオラマ化した。あらすじは、捕鯨船ピークォド号の船長エイハブは、かつて巨大な白い抹香鯨モビイ・ディックに片足を食いちぎられ復讐の狂気にかられていた。数年に亘る捜索の末、太平洋上でモビイ・ディックを発見、討伐に向かう。しかし死闘に次ぐ死闘の末エイハブは海に引きずり込まれ、ピークォド号も沈没、乗組員は海の藻屑となる。ただ主人公イシュメルだけが別の船に救助され、この悲運な船の数奇な体験を書き残す。製作にあたり白鯨は木彫彫刻で作製しました。

toTop