No.45 忍路丸(OSHORO MARU) 
作 者
鯨井 秀雄
詳 細
 
 
年 代
1900年代
船 籍
日 本
 
 
縮 尺
1/70
キット
ウッディ・ジョー
 
 帆船模型作り2船目の作品です。1909年札幌農学校(現北海道大学)水産科の初代練習船として建造された全長:31.8m 型幅:7.6mの2本マストの木造帆船。1913年に補助機関が増設された。船名は民謡「江差追分」の歌詞に由来する(忍路:アイヌ語で「湾」「入江」の意)。1926年まで17年間、主にオホーツク海、日本近海で練習航海を行った。北海道大学での任務終了後は、少年日本連盟の練習船「義勇和爾丸」となり、1938年三重県沖で座礁、修理後は海運会社で貨物船「海勢丸」として運行された。1944年空襲を受け35年の歴史を閉じた。

toTop